コンテンツにスキップする

NY銅:下落、需要懸念高まる-世銀が経済成長予想引き下げ

13日のニューヨーク銅先物相場は下 落。この6営業日で5日目の値下がりとなった。世界銀行が今年の世界 の経済成長率見通しを引き下げたことで、銅需要が減退するとの懸念が 高まった。

世銀は12日公表した報告書で、今年の世界経済成長率の見通し を2.2%(1月時点の予想は2.4%)、新興・途上国全体は5.1% (同5.5%)にそれぞれ引き下げた。米ムーディーズ・インベスター ズ・サービスは、中国で会計監査を担当する国家審計署が地方政府債務 の増加を指摘したことを受け、中国政府が一部地方当局の救済を余儀な くされるリスクがあるとの見方を示した。中国株の指標の上海総合指数 は13日、半年ぶりの安値で引けた。中国は世界最大の銅消費国。

ビジョン・ファイナンシャル・マーケッツ(シカゴ)の金属トレー ディング担当ディレクター、デービッド・メーガー氏は電話インタビュ ーで、「アジア需要をめぐる懸念が高まっている。世銀の見通し引き下 げはそれを裏付けるものだ」と指摘。中国の3連休が明けても「中国勢 が勢いよく市場に戻ってきた様子はない」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 7月限終値は前日比1.3%安の1ポンド=3.185ドル。年初来では13%値 下がりしている。

原題:Copper Drops for Fifth Time in Six Days on World Bank Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE