コンテンツにスキップする

ゴールドマンCEO:金利見通しの議論、利上げの衝撃緩和も

米ゴールドマン・サックス・グルー プのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)は、米金融当 局がいつ利上げに踏み切るかを議論することは市場への「衝撃的な驚 き」を回避する一助になるだろうと述べた。

ブランクファインCEOは13日、ワシントンでの行事に出席し、市 場は金融政策の変化を想定しており、すぐに反応するので、ゆっくりと 金利を調節するのは難しいと述べた。同CEOは今後の展開について一 般に関心が持たれ、議論されていることは、金利調整のプロセスをスム ーズにする可能性があると続けた。

米金融当局については、「衝撃的ではないやり方で金利を調節する ために、政策が転換しつつあるとの不透明感を漸進的に作り出すことは 理にかなっている」と述べ、「市場とコミュニケーションを図るという 点で当局の対応は衝撃を与えないという目的に沿っている」と続けた。

原題:Blankfein Says Debate Over Rate Outlook May Avoid Jarring Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE