コンテンツにスキップする

ドイツ国債が上昇、世銀が景気見通し下方修正-英国債も続伸

13日の欧州債市場ではドイツ国債が 上昇し、10年債相場は3日続伸となった。世界銀行が世界の成長率見通 しを下方修正したほかアジア株安を受け、比較的安全とされる資産を求 める動きが強まった。

オーストリアやオランダなど、いわゆる準中核国の国債も値上が り。米金融当局が量的緩和策である債券購入プログラムを縮小するとの 観測が背景にある。イタリア国債は方向感のない取引。同国はこの 日、78億3000万ユーロ相当の国債を発行した。ギリシャ10年債は7営業 日ぶりに上昇した。

ラボバンク・ネダーランド(ユトレヒト)の市場エコノミスト、エ ルビン・デフロート氏は「リスク回避志向が高まり、最上級のAAA格 付け国の国債利回りが低下している」とし、「当初のきっかけは量的緩 和縮小への懸念だったが、今や市場のボラティリティによる二次的影響 の様相が強い。どこかの段階で景気回復もそがれると懸念されている」 と語った。

ロンドン時間午後4時52分現在、ドイツ10年債利回りは前日比2ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.57%。11日に は1.66%と、2月20日以来の高水準となっていた。同国債(表面利 率1.5%、2023年5月償還)価格はこの日、0.21上げ99.435。

オーストリア10年債利回りは3bp下げ1.98%、同年限のオランダ 債利回りも3bp低下し1.94%となった。

世銀は12日公表した報告書で、今年の世界経済成長率を2.2%と予 想。1月時点の予想の2.4%から引き下げた。米連邦準備制度理事会 (FRB)のバーナンキ議長は先月22日、雇用見通しに持続可能な改善 が見られれば景気刺激策の縮小は可能だと表明した。米連邦公開市場委 員会(FOMC)は18、19日に開催される。

英国債相場は続伸。比較的安全とされる同国債の需要が高まっ た。10年債利回りはロンドン時間午後4時51分現在、前日比2bp低下 の2.12%。前日は3bp下げた。同国債(表面利率1.75%、2022年9月 償還)価格はこの日、0.16上げ96.88。

原題:German Bunds Advance With Austria’s Amid Global-Growth Concern(抜粋) U.K. Gilts Advance After World Bank Report Spurs Safety Demand (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE