コンテンツにスキップする

米企業の社債保証コスト、2カ月ぶり高水準-CDS取引

12日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが約2カ月ぶり高 水準に上昇。投資家は米連邦準備制度理事会(FRB)に債券購入の縮 小を促すほど経済が拡大しているか見極めようとしている。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後4時20分(日本時間13日午前5時20分)現在、1.9ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇の87.4bp。4月4日(88bp) 以来の高水準となった。

MCアセット・マネジメント・ホールディングス(コネティカット 州)の調査責任者、スコット・マクドナルド氏は電話インタビューで、 「現在、市場の焦点となっているのは、FRBの政策の行方と投資家の 認識だ」と指摘した。

原題:Credit Swaps in U.S. Climb; Pacific Gas & Electric Sells Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE