コンテンツにスキップする

NZ中銀:政策金利を2.5%に据え置き-年内の金利維持見込む

ニュージーランド(NZ)準備銀行 (中央銀行)は13日、政策金利であるオフィシャル・キャッシュ・レー トを過去最低の2.5%に据え置いた。また、NZドルに対する需要が再 び盛り上がることを避けるため、年内は現在の金利水準を維持する予定 だと表明した。これを受けNZドルは下落した。

ウィーラー総裁は金融政策決定会合後の声明で、「NZドルはこの 数週間下げたもののなお過大評価されており、貿易財部門にとって逆風 が続いている。われわれは現在の金利水準を年末まで維持する見込み だ」と述べた。同中銀は2014年3月期の成長見通しを従来の3.3%から 3%に引き下げた。15年3月期については2.8%に据え置いた。

金融面での安定を脅かす住宅の急速な値上がりと、輸出を圧迫する NZドルの高止まりに直面し、ウィーラー総裁は金利を据え置くととも にそれ以外の手段の活用にも向かっている。同総裁はこの日も、適切な 場面で為替介入を目指すだろうと述べた。

NZドルはウェリントン時間午前9時44分(日本時間同6時44分) 現在、1NZドル=0.7952米ドル。金利発表前は0.7990米ドルだった。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト15人を対象に実施した調 査では、全員が金利据え置きを予想していた。

原題:RBNZ Holds Key Rate as Wheeler Targets Strong Kiwi, Housing (2)(抜粋)

--取材協力:Garfield Reynolds.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE