コンテンツにスキップする

NY銅:反発-フリーポートがインドネシア銅山からの出荷停止

12日のニューヨーク銅先物相場は反 発。米フリーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールドは、権 益を有するインドネシアのグラスベルグ銅山が事故の影響で操業を停止 したことを受けて、不可抗力条項を発動した。

フリーポートは12日の発表文で、銅精鉱の出荷について不可抗力条 項の発動を宣言したことを明らかにした。グラスベルグ銅山は先月28人 の労働者が犠牲になった事故の発生以降、生産を停止している。銅相場 は11日まで4営業日続落し、過去15週間で最も長い下げ局面となってい た。

PVMフューチャーズのブローカー、ハリー・デニー氏は電話イン タビューで、「フリーポートに関するニュースは銅相場を支えるには十 分だ」と述べ、「今年は銅の供給が需要をなお上回る見通しだが、これ で需給が短期的に若干引き締まる」との見方を示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 7月限終値は前日比1%高の1ポンド=3.2255ドル。年初来では12%値 下がりしている。

原題:Copper Rises as Freeport Cancels Shipments From Indonesian Mine(抜粋)

--取材協力:Jae Hur、Liezel Hill.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE