コンテンツにスキップする

ソニー:国内スマホ市場シェア、過去3年で最高-ドコモ販促で

今期(2014年3月期)にモバイル 事業の黒字化を目指すソニーは、6月の国内週間販売台数シェアで米ア ップルを抜き、過去3年間の最高レベルに達した。NTTドコモが先月 中旬から実施している販売促進戦略が奏功した。

調査会社BCNが家電量販店2440店舗から集計したデータによる と、ソニーの国内スマ―トフォン市場のシェアは、5月6日の週に14% だったが6月3日の週には36%に急伸した。この間、米アップルのシェ アは40%から25%へ低下、韓国のサムスン電子は7%から13%に上昇し た。ソニーのシェアがアップルを上回ったのは「エクスペリアZ」を発 売した2月以来。

NTTドコモがソニーの「エクスペリアA」と韓国サムスンの「ギ ャラクシーS4」に絞って重点販促する「ツートップ」戦略を15日に発 表し、2機種については最大2万円の割り引きを提供している。BCN の森英二アナリストは、ドコモの販売戦略で「ソニー製スマホの価格が 抑えられている点がシェアの伸びに貢献した」と語った。

エレクトロニクス事業再建中のソニーにとって、好調なスマホ販売 は同事業黒字化への布石となる。一方で、国内の他メーカーにとっては 年間販売台数の落ち込みにつながりかねない。

明暗分けるドコモの販促戦略

「エクスペリアA」は最大ディスカウントを適用できた場合に実質 負担金5040円で手にすることができる。一方で対象外のシャープ製「ア クオスフォン ゼータ」13年夏モデルの場合は4万2000円と、大きな差 が出る。

財務改善が急務となっているシャープは13年度の携帯販売目標 を680万台に設定しているが、BCNデータによるとシェアは10.3%か ら7.8%へ低下した。

水戸証券の若林恵太アナリストは、ドコモの戦略で「国内のスマホ メーカーの淘汰が進む」と指摘した。一方、ソニーのモバイル戦略とし ては、日本より市場規模の大きい中国や欧米などでも売り上げを伸ばす ことが必要だと語った。

--取材協力:. Editors: 中川寛之, 小坂紀彦

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE