コンテンツにスキップする

NY原油先物時間外:一段安-API在庫が4年ぶり大幅増加

ニューヨーク原油先物相場は12日の 時間外取引で一段安。米石油協会(API)の先週の原油在庫が約4年 ぶりの大幅増加となったことを嫌気した。

原油先物は一時、1%下落した。APIが発表した先週の原油在庫 は897万バレル増加した。これは2009年1月以来の大幅増。12日に米エ ネルギー情報局が発表する先週の原油在庫は、ブルームバーグ・ニュー スが11人のアナリストを対象に実施した調査では150万バレル減(中央 値)が予想されている。石油輸出国機構(OPEC)は11日、2013年の 需要見通しを据え置いた。

商品市場に関するシドニーのニュースレター、バラッツ・ブレティ ンのジョナサン・バラット最高経営責任者(CEO)は、「弱気要因と して在庫を見なければならない。原油市場は様子見になっている」と し、1バレル当たり約91.40ドルで買いが入ると予想した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限は一 時、91セント安の1バレル当たり94.47ドルを付けた。シンガポール時 間午後1時25分(日本時間同2時25分)現在、94.49ドルで推移してい る。全先物の取引高は100日平均を40%下回った。前日の通常取引は39 セント(0.4%)安の95.38ドルで引けた。終値としては6日以来の安 値。

原題:WTI Declines a Third Day as U.S. Crude Stockpiles Seen Rising(抜粋)

--取材協力:Ann Koh.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE