コンテンツにスキップする

JPモルガンCEO:虚偽や隠し事は一切ない-巨額損失問題

米銀JPモルガン・チェースのジェ イミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、チーフ・インベストメ ント・オフィス(CIO)部門で昨年発生した62億ドル(約6000億円) 超の巨額損失をめぐり同行が訴えられた場合、相手が誰であれ「最後ま で闘う」と述べた。

ダイモンCEOは11日、モルガン・スタンレーがニューヨークで主 催した会議に出席し、「隠し事は何もなく、虚偽もなかった。おかしな ことはなかった。それだけだ」と語った。

ダイモンCEOは同行が一部で間違いを犯したことを認める一方 で、「つまらないことで大騒ぎしている」と巨額損失をめぐる報道を一 蹴した昨年4月13日の決算発表当時は「行内の誰一人として大きな問題 があるとは思わなかった」と説明。同行幹部は「60億ドル規模の問題で はなく」、2億ドル程度の損失だろうと考えていたと釈明した。

同CEOはCIO部門での損失に絡む訴えに対しては全面的に争う 姿勢を示し、「誰であろうと訴えを起こす者には最後まで闘い抜く。こ のことを忘れないでもらいたい」と述べた。

ミシガン大学アナーバー校のエリック・ゴードン教授(経営・法 律)は、JPモルガンの先月の株主投票で会長とCEOの職務分離案が 否決されたことで、ダイモンCEOは一段と積極的な姿勢を取っている のかもしれないと予想。「両職務の続投が決まったことでダイモン氏は 自信を強めている」と語った。

原題:JPMorgan’s Dimon Says There Was No Lying, Hiding on Whale (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE