コンテンツにスキップする

世界最高齢の木村次郎右衛門さんが老衰で死去-116歳

ギネス・ワールド・レコーズ(ギネ ス世界記録)が男性の世界最高齢に認定した京都府京丹後市在住の木村 次郎右衛門さんが12日、死去した。116歳だった。

木村さんは同日午前2時8分、京丹後市内の病院で老衰のため亡く なった。同市がファクスで発表した。木村さんは5月11日から肺炎のた め入院していた。告別式などの日程は未定。

木村さんが生まれたのは大英帝国にビクトリア女王が君臨してい た1897年(明治30年)4月19日。昨年12月28日で115歳と253日を迎え、 男性の長寿世界記録を更新した。女性の長寿世界一は1997年に122歳で 死去したフランス人のジャンヌ・カルマンさん。

木村さんについておいの三宅保さん(80)は昨年12月のインタビュ ーで、「毎日の生活の中で『わしは生きるんだ』という強い気持ちが表 れている。自分は正しく生きていると全てに自信を持っているんだろ う」と語っていた。

ギネスによると、男性で115歳以上存命したのは木村さんが世界で 3人目。

原題:Jiroemon Kimura, Oldest Man in Recorded History, Dies at Age 116(抜粋)

--取材協力:Marco Lui.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE