コンテンツにスキップする

伊モンテ・パスキ元幹部に即決裁判手続き-文書隠蔽に関与

イタリアの銀行モンテ・デイ・パス キ・ディ・シエナの元幹部3人は、損失隠しのために2009年に野村ホー ルディングスとのデリバティブ(金融派生商品)取引を使った問題に関 連した最初の起訴の際に当局を妨害したとされる件で、即決裁判の手続 きが取られることになった。

裁判について直接事情を知る3人の関係者によれば、ジュゼッペ・ ムッサーリ前会長とジャンルカ・バルダッサリ元財務責任者、アントニ オ・ビーニ元ゼネラルマネジャーの3人が文書隠蔽(いんぺい)に関与 したとしてシエナの検察当局が申し立てた即決裁判手続きを予審判事が 承認。即決裁判の期日を9月26日に設定した。関係者はこの決定が公表 されていないとして、匿名を条件に明らかにした。

ムッサーリ前会長の弁護士、トゥリオ・パドバニ氏は11日の電話イ ンタビューで、即決裁判手続きによってムッサーリ氏の無罪が論証され ると述べた。ビーニ、バルダッサリ両氏の弁護士の携帯電話に連絡して 取材を試みたが、応答はなかった。

原題:Former Paschi Bankers Face Trial Over Hidden Nomura File (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE