コンテンツにスキップする

MSCIの市場分類:カタールとUAE格上げ、ギリシャ格下げ

株価指数を算出しているMSCIは 指数構成国の市場分類で、カタールとアラブ首長国連邦(UAE)を 「新興市場国」に格上げした。一方、ギリシャを「先進国市場」分類か ら格下げした。

11日の発表資料によると、MSCIはモロッコを「フロンティア市 場国」に格下げ。韓国と台湾は新興市場国の分類に据え置き、 中国の A株をこの分類に含める方向で見直すとした。イスラエルはMSCI欧 州指数に採用されなかった。

MSCIは経済動向と取引高、市場アクセスを考慮して各国を市場 別に分類する。格上げされた国の株式市場は、MSCI指数をベンチマ ークとする投資家の資産を一段と引き付ける可能性がある。MSCIの 株価指数をベンチマークとして採用する投資家の運用資産は全体で約7 兆ドル(約672兆円)。

原題:Qatar, UAE Upgraded to Emerging Markets as Greece Cut by MSCI(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE