コンテンツにスキップする

6月11日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:円上昇、対ドル3年ぶり大幅高-日銀の追加策見送りで

ニューヨーク外国為替市場では円がドルに対しここ3年で最大の上 げとなった。日本銀行が追加刺激策を打ち出さなかったことが手掛か り。

円は対ドルで3営業日ぶりの反発。日銀の黒田東彦総裁は、期間1 年超の資金供給オペ導入を見送った。またこの日は米3年債入札で需要 が低調だったものの米国債相場が上昇。そうした中で円は対ドルでの上 昇を拡大する展開となった。オーストラリア・ドルはほぼ3年ぶりの安 値に下落。豪住宅ローン承認件数の伸びが市場予想に届かなかったこと に反応した。

カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース (CIBC)の外国為替戦略の責任者、ジェレミー・ストレッチ氏(ロ ンドン在勤)は電話取材で、「黒田総裁からは、金融政策面でもう少し 市場寄りの発言が期待されていた」とし、「配慮らしき言葉はあったも のの、円安バイアスを維持させるような材料はなかった」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで前日比2.8%上昇の 1ドル=96円03銭。一時3.2%高と、終値ベースで見た場合の2010年5 月以降最大の上昇率となった。対ユーロでは2.4%上げて1ユーロ=127 円84銭。ユーロはドルに対し0.4%高の1ユーロ=1.3313ドルと、終値 ベースで2月19日以来の高値を付けた。

ボラティリティ

対円でのドル相場の1年間のインプライド・ボラティリティ( IV、予想変動率)は12.8%と、11年9月以来の高水準に上昇。東京株 式市場ではTOPIXが1%安、米国株もS&P500種株価指数が1% 下げた。

米国債は上昇。10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下し、2.19%となった。米財務省が11日実施した3年債入 札(発行額320億ドル)の結果によると、投資家の需要を測る指標の応 札倍率は2.95倍と10年12月以来の低水準となった。

ゲイン・キャピタル・グループ(ニューヨーク)のシニア為替スト ラテジスト、エリック・ビロリア氏は電話取材で「3年債入札はかなり 軟調だった」と述べた。

豪ドルは米ドルに対して2010年以来の安値を付けた。豪統計局が発 表した4月の住宅ローン承認件数は0.8%増と、伸びは市場予想(2% 増)を下回った。

豪ドルは0.4%安の1豪ドル=0.9427米ドル。

日銀の政策決定

日銀の黒田総裁は11日午後、定例記者会見で、同日開いた金融政策 決定会合で期間1年超の資金供給オペ導入を見送ったことについて、長 期金利のボラティリティ(変動)が足元で低下していることなどから、 「今のところそういう必要性はない」との認識を示した。一方で「将 来、必要になったら検討する」と述べた。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ジョー・マニンボ氏(ワシントン在勤)は電話取材で、「大半の 投資家は何も行動はないと予想してたが、少数は債券利回りの上昇を抑 えるため何か決定したかもしれないと考えた」と指摘。「だがそうはな らなかったことで日本株は下落した。日銀からは、市場安定に向けて一 段の行動に傾きつつあるとの楽観を市場に植え付けるような行動はあま りみられなかった」と続けた。

原題:Yen Rallies Most in 3 Years as BOJ Refrains From Added Stimulus(抜粋)

◎米国株:続落、日銀の追加策見送りに失望-スプリントは上昇

11日の米株式市場ではS&P500種株価指数が続落。日本銀行の黒 田東彦総裁が追加の金融政策について、「今のところそういう必要性は ない」と発言したことが売りを誘った。

銀行のJPモルガン・チェースとシティグループを中心に銀行株が 下落した。ヨガウエア販売会社ルルレモン・アスレティカは大幅安。ク リスティーン・デイ最高経営責任者(CEO)の退任発表が手掛かりだ った。スプリント・ネクステルは上昇。ソフトバンクがスプリント・ネ クステルに対する買収提示額を引き上げたことが買い材料となった。

S&P500種株価指数は1%下げて1626.13。ダウ工業株30種平均 は116.57ドル(0.8%)下げて15122.02ドル。

ウェルズ・ファーゴ・プライベート・バンクのエリック・デービッ ドソン副最高投資責任者(CIO)は「市場参加者は金融緩和依存症に に近い状態だ」と指摘、「金融緩和の縮小や停止を示唆する兆候なら何 であれ、しかも日銀のケースはこれに相当せず、これ以上の積極的な緩 和策を講じることはないと述べただけなのに、市場ではこれを理由に懸 念が強まった」と述べた。

日銀は11日開いた金融政策決定会合で、政策方針の現状維持を全員 一致で決定した。会合では「マネタリーベースが年間約60兆-70兆円に 相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う」との方針を据え置 いた。

景気敏感株

黒田総裁は定例記者会見で、会合で期間1年超の資金供給オペ導入 を見送ったことについて、長期金利のボラティリティ(変動)が足元で 低下していることなどから、「今のところそういう必要性はない」との 認識を示した。一方で「将来、必要になったら検討する」と述べた。

4月の米卸売在庫は伸びが減速、卸売売上高はプラスに転じた。米 商務省の発表によると卸売在庫は前月比0.2%増加。前月は0.3%増だっ た。

S&P500種の下げに備えたオプションのコストを示すシカゴ・オ プション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX)は11%急 伸して17.07。VIXは約80%の確率でS&P500種と反対方向に動く。

この日は景気敏感株が特に売られた。S&P500種株価指数の産業 別10指数のうち素材株と金融株はいずれも大きく下げた。景気敏感株で 構成されるモルガン・スタンレー・シクリカル指数は1.2%下げた。ま た、ダウ輸送株平均は1%下落した。KBW銀行指数は1.7%安、指数 を構成する24銘柄はいずれも下げた。JPモルガンは1.6%安。

シティが下落

シティは3.8%下落。ポータレス・パートナーズのアナリスト、チ ャールズ・ピーボディー氏は、予想が正しければシティは為替変動で最 大70億ドルの損失を被る可能性があると指摘した。シティの海外収益へ の依存体質が、世界経済の減速に伴う打撃を他の米銀に比べて大きくす ると懸念しているとピーボディー氏は語った。

ルルレモンは18%急落。デイCEOは後任が見つかり次第、退任す ると発表した。同社が前日発表した四半期決算は利益がアナリスト予想 を上回った。

スプリントは2.4%上昇。ソフトバンクは同じくスプリント買収を 狙う米衛星テレビのディッシュ・ネットワークに対抗し、買収提示額 を7.5%引き上げて216億ドルとした。

原題:U.S. Stocks Decline as BOJ Leaves Monetary Stimulus Unchanged(抜粋)

◎米国債:反発、1年2カ月ぶりの高利回りで買いが戻る

米国債市場では30年債相場が3日ぶりに上昇。金融緩和の規模が縮 小されるとの思惑がある中、利回りが1年2カ月ぶりの水準に上昇した ため、投資妙味が回復し、上げに転じた。

利回りは朝方に2012年4月以来の水準に上昇した。今月に入ってか らの利回り上昇を受け、住宅ローン担保証券(MBS)の損失をヘッジ するために米国債売りがさらに出るとの思惑が背景にある。中央銀行が 刺激策と流動性供給を縮小するとの懸念が強まり、株式相場と商品価格 が下落。安全な逃避先としての米国債の需要が高まった。

ノバスコシア銀行の米国債トレーディング責任者、チャールズ・コ ミスキー氏(ニューヨーク在勤)は「この大幅な下げが買い持ちにする 好機をもたらし、投資家はそれを利用した」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、30年債利回りは前日比6ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)低下の3.31%。同年債(表面利率2.875%、償還2043年5 月)価格は31/32高の91 22/32。利回りは一時、12年4月以来の高水準 となる3.43%に上昇する場面もあった。

10年債利回りは3bp低下の2.19%。一時は2.29%と、2012年4月 以来の水準に上昇した。

株・商品安

株式と商品相場が下落すると、30年債は上げ幅を拡大した。S& P500種株価指数は1%安。商品24銘柄で構成するS&P・GSCI指 数は0.7%低下。米国債利回りの低下を背景に円は対ドルで上昇した。 日銀の黒田東彦総裁は期間1年超の資金供給オペ導入を見送り、追加刺 激に対する中央銀行の抵抗が強まっているとの見方が広がった。

CRTキャピタル・グループの国債ストラテジスト、イアン・リン ジェン氏は「過去数四半期続いていた従来型のリスクオン、リスクオフ の力関係がここ数日間の取引で崩れている。オーバーナイトでは株売 り・国債売りの動きが見られた。その後、米国債に質への逃避の動きが 再び見られた」と話した。

3年債入札(発行額320億ドル)直後に米国債は軟化した。入札結 果によると、最高落札利回りは0.581%と、2011年7月以来の高水準。 入札直前の市場予想は0.575%だった。

投資家の需要を測る指標の応札倍率は2.95倍と、10年12月以来の低 水準。

入札詳細

海外の中銀を含む間接入札者の落札全体に占める割合は33.1%。前 回の入札では30.7%だった。過去10回の平均は25.9%。プライマリーデ ィーラー(政府証券公認ディーラー)以外の直接入札者の割合は8.4% と、昨年8月以来の低水準。過去10回の平均は19.9%。

財務省は12日に210億ドル相当の10年債、13日には130億ドル相当 の30年債入札を実施する。

米金融当局は毎月450億ドル相当の米国債と400ドル相当の住宅ロー ン担保証券(MBS)を購入している。ブルームバーグが先週まとめた エコノミスト調査によれば、金融当局は月間の資産購入総額を10月 に650億ドルに減らすと予想されている。

原題:U.S. Long Bonds Climb as Yields at 14-Month High Lure Investors(抜粋)

◎NY金:反落、約2週間ぶり安値-緩和策縮小の観測や中国休場で

ニューヨーク金先物相場は反落。約2週間ぶりの安値となった。金 融当局が緩和策を縮小するとの観測が背景。

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は前日、米 国の信用格付け「AA+」の見通しを「ステーブル(安定的)」に引き 上げた。財政をめぐるリスクが後退しているとの認識を理由に「ネガテ ィブ(弱含み)」から変更した。日本銀行は政策方針の現状維持を決定 し、資金供給オペの期間延長も見送り、世界の政策当局が緩和策を縮小 するとの見方が強まった。中国市場は祝日のため12日まで休場となって いる。

ビジョン・ファイナンシャル・マーケッツ(シカゴ)の金属トレー ディング担当ディレクター、デーブ・メーガー氏は電話インタビュー で、「きょうは緩和策をめぐる観測が材料になった」と指摘。「中国市 場が休場のため、現物買いも鈍い」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.6%安の1オンス=1377ドルで終了。一時は1364.50ドル と、中心限月としては5月23日以来の安値となった。

原題:Gold Falls to Lowest in More Than Two Weeks on Stimulus Outlook(抜粋)

◎NY原油:続落、日銀の現状維持で追加刺激への期待が後退

ニューヨーク原油先物相場は続落。日本銀行が市場の期待に反し て政策方針の現状維持を決めたことで、追加刺激に対する中央銀行の 抵抗が強まっているとの見方が広がった。

黒田東彦総裁率いる日銀は、長期金利の乱高下を抑えるための資金 供給オペの期間延長を見送った。これを受けて世界的に株価と商品相場 が下落した。北海のバザード油田が今週生産を再開したため、ブレント 原油の下げはウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)よ り大幅となった。

サミット・エナジーのアナリスト、ジェイコブ・コレル氏(ケンタ ッキー州ルイビル在勤)は「市場は全面安の展開だ」と指摘。「原油は 他の金融市場と同じ方向に動いている。市場は世界有数の経済国である 日本を注視している」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限は前日 比39セント(0.41%)安の1バレル=95.38ドルで終了した。

原題:Crude Declines as Bank of Japan Leaves Stimulus Policy Unchanged(抜粋)

◎欧州株:続落、日銀の現状維持に失望-ルグランとICAPが安い

欧州株式相場は続落。日本銀行がこの日の金融政策決定会合で追加 措置を見送ったほか、米金融当局が債券購入ペースを縮小するとの観測 から米国債相場が急落したことが手掛かり。

フランスの電気器具メーカーのルグランは4.1%安。同業のウェン デルが保有するルグラン株の残り1440万株を売却したことが嫌気され た。銀行間取引の仲介業者、ICAPは3.6%下げた。クレディ・スイ ス・グループが売り銘柄に指定した。銅相場が4営業日続落したことを 背景に英豪系鉱山会社BHPビリトンが大きく下げ、鉱山株の指数 は2009年以来の安値となった。

ストックス欧州600指数は前日比1.2%安の291.74で終了。一時 は2.1%下げ、7週間ぶりの安値を付けた。欧州中央銀行(ECB)の 新たな国債購入プログラムに関する審理がドイツ連邦憲法裁判所で始ま ったことも影響した。同指数は5月22日以来、6.1%下げている。

スイスのルツェルナー・カントナルバンクのトレーダー、ペータ ー・ビュルグラー氏は「市場の不透明感は非常に大きい」とし、「不透 明感の一部は今も米当局による刺激策縮小をめぐる懸念から来ており、 ドイツ裁判所の審理が要因のものもある。市場はこれらすべてを抱えき れず、投資家は距離を置いている」と語った。

米10年債利回りは一時、8ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇し2.29%と、2012年4月以来の高水準となった。元ゴー ルドマン・サックス・アセット・マネジメント会長のジム・オニール氏 はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、米国債利回りが 4%に向けて上昇するという考えに投資家は慣れる必要があると発言し た。

この日の西欧市場では、18カ国全てで主要株価指数が下落した。フ ランスのCAC40指数は1.4%安となったほか、ドイツのDAX指数は 1%、英FTSE100指数は0.9%それぞれ下げた。ギリシャのアテネ総 合指数は4.7%の大幅安。前日も4.7%下げていた。

原題:European Stocks Fall for Second Day as BOJ Adds No New Stimulus(抜粋)

◎欧州債:総じて安い、日銀政策据え置きやドラギ総裁発言を受け

11日の欧州債相場は総じて安い。日本銀行がこの日の政策決定会合 で金融緩和拡大を打ち出さなかったことから、主要な中央銀行が債券購 入を増やすとの観測が後退した。

スペイン10年債利回りは2カ月ぶり高水準となったほか、ポルトガ ルとアイルランドの国債も値下がり。欧州中央銀行(ECB)のドラギ 総裁は10日にドイツのテレビ局に対し、債券購入の実施は価格がファン ダメンタルズから逸脱した場合に限ると語った。ドイツ10年債利回りは 一時、約3カ月ぶりの高水準に達した。ドイツ連邦憲法裁判所ではこの 日、ECBの国債購入プログラムに関する審理が始まった。

コメルツ銀行の金利ストラテジスト、ミヒャエル・ライスター氏 (ロンドン在勤)は「極めて低い資金調達コストは不変ではないと認識 されつつあり、こうした見方がユーロ圏債券市場に浸透している」と発 言。「ボラティリティが引き続き高いのに加え、日銀が実際に何を達成 するのかという結論はまだだ。欧州債には圧力がかかっており、見通し は悪そうだ」と続けた。

ロンドン時間午後4時14分現在、スペイン10年債利回りは前日比7 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し4.66%。一時 は4.76%と、4月9日以来の高水準となった。同国債(表面利 率5.4%、2023年1月償還)価格は0.525下げ105.595。

同年限のイタリア国債利回りも7bp上げ4.36%。一時は18bp上 昇し4.47%となった。

ドイツ10年債利回りは1.60%で、前日からほぼ変わらず。2月20日 以来で最高の1.66%まで上昇する場面もあった。

英国債は4営業日続落。10年債利回りは約4カ月で最高となった。 この日の37億5000万ポンド相当の10年債入札では、応札倍率が前回を下 回った。2年債も値下がりし、利回りは昨年4月以来初めて0.5%を超 えた。4月の英鉱工業生産が予想に反して増加したことが要因。

ロンドン時間午後5時現在、既発の英10年債(表面利 率1.75%、2022年9月償還)利回りは3bp上昇の2.17%。一時は2 月14日以来最高の2.24%に達した。価格は0.25下げて96.47。2年債利 回りは4bp上昇の0.47%。昨年3月以来で最も高い0.51%を付ける場 面もあった。

原題:European Bonds Slide After BOJ, Draghi Damp Central-Bank Bets(抜粋) 原題:Gilt Yields Climb to Four-Month High as Demand Falls at Auction(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE