コンテンツにスキップする

ゴールドマン:ワイン1万5000本が担保、元トレーダーに融資

米ゴールドマン・サックス・グルー プが、元同社幹部への融資の際に高級ワイン約1万5000本を担保として 受け入れていたことが、5月の規制当局への届け出で明らかになった。 同社のスペシャリストトレーディング部門の元シニアディレクター、ア ンドルー・ケイダー氏は、主にフランスのブルゴーニュ地方とボルドー 地方で生産されたワインを担保として差し出した。

融資専門会社や弁護士4人によれば、美術品や不動産を担保として 富裕層の顧客に融資するプライベートバンクといえども、高級ワインを 担保とする融資にはこれまで及び腰だったという。このため、今回のゴ ールドマンの融資案件は際立っている。投資適格級のワインのパフォー マンスは過去10年間、株式を上回っているものの、ワイン売買をめぐる 詐欺行為が表面化するケースもある。米資産家のウィリアム・コッチ氏 は、購入したワインが偽物だったとして数件の訴訟を起こしている。

ベンチマーク・ワイン・グループ(カリフォルニア州ナパ)の責任 者、デービッド・パーカー氏は「この担保の中には非常に高価なワイン が多く含まれている」と述べ、届け出に記載されているワインコレクシ ョンの市場価値は総額数百万ドルに上ると推計。「ボルドー産はいずれ も第1級など上位に分類されるワインで、ブルゴーニュ産も全て最上級 の畑、グラン・クリュとプルミエ・クリュだ」と指摘した。

高級ワイン指数

ゴールドマンの広報担当者、アンドレア・ラファエル氏は「顧客の 個人情報を保護する守秘義務に基づき、個別の融資についてはコメント を控えるが、リスク管理で高い基準を適用し、全ての融資に関していか なる形態の担保についても価値を適切に判断するよう十分に注意を払っ ている」と語った。

米政府が投資銀行の自己勘定取引を取り締まる中、各社は減少した 収入を穴埋めするためプライベートバンキング事業の拡充を進めてい る。投資銀行の超富裕層の顧客は、美術品やワインなどを保有している ケースが多い。これらの品々の価値が上昇する一方、金利は4年以上に わたって過去最低に近い水準にあるため、富裕層はこれらの資産を担保 として資金を借り入れようとしている。

最も需要の高いワイン100種の価格の推移を示すワイン業界の指 標、Liv-ex100高級ワイン指数の4月末まで10年間の上昇率は年 間平均11%。これはS&P500種株価指数のトータルリターンであ る7.9%を上回っている。

原題:Goldman Loan to Ex-Trader Cader Backed by 15,000 Bottles of Wine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE