コンテンツにスキップする

米マイクロソフト:「Xbox One」の専用ソフトを公開

米マイクロソフトは家庭だけでなく ゲーム愛好者にも受け入れられることを目指した新しい家庭用ゲーム機 「Xbox One」の「Halo」などの専用ソフトを公開した。ま たゲーム機の価格も公表したが、その価格の高さは一部のアナリストを 驚かせた。

マイクロソフト幹部は10日、ロサンゼルスでのゲーム見本市「E 3」で、Xbox Oneを米国で11月に499ドル(約4万9400円)で 発売すると発表した。インタラクティブ・エンターテインメント部門の ドン・マトリック社長は同ゲーム機には13本の次世代専用ソフトがある と説明した。

E3でマイクロソフトは、Xbox Oneは映画やスポーツ、 「スカイプ」のビデオ通話などの機能を重視し、ゲーム機としての特徴 に欠けるとの見方を払しょくしようとしている。同社はこの日、エレク トロニック・アーツ(EA)の「バトルフィールド4」といった主力ソ フトに独自のコンテンツを加えたものを公開。ゲームの双方向性とソー シャル性を高め、よりリアルなものになることを強調した。

Xbox Oneは5月21日に初めて発表された。同ゲーム機に搭 載する「キネクト」コントローラーでは音声による指示やユーザーの動 きを感知する機能のほか、ゲームやテレビ、スカイプによるビデオ通話 の切り替え機能が向上している。

マイクロソフトによると、Xbox対応のHaloの最新版は2014 年に発売される。

高い価格設定

アナリストらは499ドルの価格設定に驚いたと話した。ただ、マイ クロソフトのエンターテインメントサービス「Xboxライブ」などに 関する契約を結べば、価格が実質的に下がる可能性もある。

調査会社ガートナーのアナリスト、ブライアン・ブラウ氏は「値段 が高い感じがする」とし、「アップルが最高級のデザインを備えた高級 品を生み出したように、マイクロソフトも違った種類の高級品を生み出 そうとしているとみられ、高価格で登場した。新型ゲーム機対応で多く のソフトを投入するため十分なリソースを投じていることは間違いなさ そうだ」と述べた。

原題:Microsoft Makes Pitch to Gamers With Xbox One E3 Showcase (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE