コンテンツにスキップする

米企業の社債保証コスト、上昇-クレジットデリバティブ

10日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)による債 券購入の縮小時期をめぐり議論が続く中、米企業の社債保証コストは上 昇した。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後5時1分(日本時間11日午前6時1分)現在、2.8ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇の83.8bp。先週は1.9bp上昇 した。

投資家はFRBによる債券購入の縮小時期を示唆する兆候に注目し ている。連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会合は来週開催され る。

キャボット・マネー・マネジメント(マサチューセッツ州セーラ ム)の債券担当ポートフォリオマネジャー、ウィリアム・ラーキン氏は 「高格付け社債から判断すると、FRBが緩和策の解除に踏み切り、引 き締めモードに入ることが懸念されている」と指摘した。

原題:Corporate Credit Swaps in U.S. Rise; Duke Energy Issues Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE