コンテンツにスキップする

NY金:2週ぶり安値から反発-アジアで需要高まるとの観測

ニューヨーク金先物相場は反発。一 時はほぼ2週間ぶり安値をつけたものの、アジアで価値保存手段として の金の需要が増加するとの観測が強まり、上げに転じる展開となった。

中国当局は金に裏付けされた上場取引型金融商品(ETP)2本を 認可した。ドイツ銀行はシンガポールで最大200トンの保管能力を持つ 金の保管施設を開設した。同行にとってはロンドン以外で最大の保管施 設となる。

RJオブライアン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話取材に対し、「現在の価格 水準では現物需要の強さが続くと予想されている」と指摘。「安全逃避 の買いもみられる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前週末比0.2%高の1オンス=1386ドルで終了。一時は1375.10ド ルと、中心限月としては5月28日以来の安値となった。

原題:Gold Rises From Two-Week Low on Bets Demand Will Climb in Asia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE