コンテンツにスキップする

米フェイスブック株が上昇、S&P500種への銘柄採用観測で

10日の米株式市場で、ソーシャル・ ネットワーク・サービス(SNS)最大手のフェイスブックの株価が前 週末比4.5%上昇した。S&P500種株価指数の構成銘柄に採用される可 能性があるとの観測が広がった。

フェイスブックの株価終値は24.33ドルと、5月30日以来最大の上 げを演じた。同株価は2012年5月の新規株式公開(IPO)以降、36% 下落している。

スタイフェル・ニコラウスのアナリスト、ジョーダン・ローハン氏 はフェイスブック株について、600億ドル(約5兆9300億円)近い現在 の時価総額を背景にS&Pに来年採用される可能性が高いと指摘。タイ ミングはグーグルの例に倣う公算もあるとし、同銘柄は04年8月の IPO後、約1年6カ月後に株価指数に採用されたと付け加えた。

ローハン氏は調査リポートで、「主要株価指数の銘柄に採用されれ ば、フェイスブックの投資家基盤は著しく拡大し、流動性が高まるほ か、株価の支えになる。新規採用が決まれば、短期的な株価上昇をもた らす可能性が高い」と記した。同氏はフェイスブックの投資判断を買い に引き上げ、株価目標は29ドルとした。

フェイスブックの時価総額は既に、米ヤフーやプライスライン・ド ット・コム、エクスペディアなどS&P指数の複数のインターネット企 業を上回っている。ローハン氏によれば、フェイスブックの時価総額は 現水準で同指数構成銘柄の中で59番目の高さ。

原題:Facebook Rises as S&P 500 Inclusion Seen: San Francisco Mover(抜粋)

--取材協力:Lisa Rapaport、Inyoung Hwang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE