コンテンツにスキップする

ドイツ憲法裁はECB国債購入についての判断先送りも-BNP

ドイツの憲法裁判所は欧州中央銀行 (ECB)の国債購入プログラム「アウトライト・マネタリー・トラン ザクション(OMT)」が合憲かどうかの判断を9月の同国総選挙後ま で先送りする可能性があると、BNPパリバのエコノミスト、イブリ ン・ヘルマン氏が顧客向けリポートで指摘した。

その場合、ECBは新たな非伝統的措置を打ち出しにくくなるだろ うとし、独裁判所が判断を下す前に中小企業向け融資促進プログラムを 推進することは控えるだろうとの見方を示した。

原題:German Court Ruling May Delay Any ECB SME Program, BNP Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE