コンテンツにスキップする

香港株:H株が9日続落-失望誘う中国経済指標が重しに

香港株式市場では香港上場の中国企 業で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が9営業日続落と、こ の1年余りで最長の値下がり局面となった。週末に発表された中国の経 済指標で景気減速を示す材料が増えた。一方、米雇用統計で雇用者数の 伸びが市場予想を上回ったことを受けて輸出関連株は買われた。

中国の不動産会社、チャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK)は2.8%安。中国の自動車メーカー、比亜迪(BYD、1211 HK) は3.4%下げた。同国の5月の乗用車販売台数の伸び鈍化が嫌気され た。

米ウォルマート・ストアーズなどの小売企業に玩具や衣料品を納入 するリー・アンド・フォン(利豊、494 HK)は1.3%上昇した。

H株指数は前週末0.6%安の10126.97で終了。9日続落は2012年3 月26日までの下げ局面以降で最長。本土の金融市場は祝日のため休場だ った。ハンセン指数は前週末比39.83ポイント(0.2%)高の21615.09で 終了した。

岡三証券の忍足真理マーケットストラテジスト(香港在勤)は、中 国の経済指標が良くなかったことに加え、米連邦準備制度理事会 (FRB)による量的緩和縮小の懸念が香港市場にとってマイナス材料 となっていると述べた。

原題:Chinese Stocks in Hong Kong Decline as Economic Data Disappoints(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE