コンテンツにスキップする

IMF:ギリシャに再び債務減免必要と主張、合意迫る-独誌

国際通貨基金(IMF)はギリシャ に対し再び債務を減免することが必要だと主張し、年内に合意するよう ユーロ圏諸国に圧力をかけていると、ドイツ誌シュピーゲルが情報源を 示さずに報じた。

同誌によると、IMFは向こう1年についてギリシャの資金が確保 されない限り、これ以上の救済プログラムに参加できないとし、46億ユ ーロ(約6000億円)の資金不足が生じるため債務減免が必要だと説いて いる。

原題:IMF Wants to Get Next Greek Haircut Under Way, Spiegel Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE