コンテンツにスキップする

藤巻健史氏が維新から参院選出馬表明-「アベノミクスは失政」

著名投資家ジョージ・ソロス氏の投 資アドバイザーを務めた経歴を持つフジマキ・ジャパン代表取締役の藤 巻健史氏〔63)が10日午後、国会内で記者会見し、7月の参院選比例代 表に日本維新の会から出馬する意向を表明した。

藤巻氏は会見で、大胆な金融政策などを柱とする安倍晋三政権の経 済政策について「アベノミクスは当初から失政と思っていた。莫大(ば くだい)な国家借金がたまっている段階でのインフレ政策はうまくいか ない」と指摘。出馬を決断した理由について「自民党政権で副作用とか リスクを理解している人がどれくらいいるか疑問だ。マクロ経済の真ん 中で経験を積んできたことを生かしたい」と語った。

藤巻氏は1950年生まれの63歳。一橋大学を卒業し、三井信託銀行 (現・三井住友信託銀行)に入行した。米ノースウェスタン大学大学院 で80年に経営学修士(MBA)を取得。85年にモルガン銀行(現・JP モルガン・チェース銀行)に移籍し、95年から2000年まで東京支店 長。00年にはジョージ・ソロス氏の投資アドバイザーを務めた。弟の藤 巻幸夫氏はみんなの党参院議員。

--取材協力:池田祐美、Mariko Ishikawa. Editors: 杉本 等, 淡路毅

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE