コンテンツにスキップする

1-3月期GDPは年率4.1%増へ上方修正、市場の事前予想も上回る

1-3月期の国内総生産(GDP) 改定値は物価変動の影響を除いた実質で、前期比年率4.1%増と、速報 値から上方修正された。事前の市場予想は上回った。

内閣府が10日発表した同期のGDP改定値は、前期比1.0%増と速 報値(0.9%増)から上方修正。3日公表された法人企業統計の内容を 加味した結果、設備投資が同0.3%減と速報(0.7%減)から引き上げら れた。GDPの約6割を占める個人消費は同0.9%増と、速報と変わら ず。公共投資は同0.4%増と速報の0.8%増から引き下げられた。

ブルームバーグ・ニュースの事前調査では、実質GDP改定値の予 想中央値は前期比0.9%増、年率換算で3.5%増と、速報値と同じ伸びが 見込まれていた。政府は前月20日の月例経済報告で、景気は「緩やかに 持ち直している」として、前月の「一部に弱さが残るものの、このとこ ろ持ち直しの動きがみられる」との判断を上方修正した。

第一生命経済研究所の新家義貴主席エコノミストは統計発表前のリ ポートで前期比0.9%増、年率3.6%増と1次速報からほとんど変更がな いと予想。「法人企業統計の結果を反映して小幅の上方修正が予想され るが、修正幅はごくわずかであり、景気認識に修正をもたらすものには ならないだろう。景気は13年1-3月期に明確に改善していたことがあ らためて確認される見込みだ」としていた。

財貨・サービスの輸出は同3.8%増、輸入は同1.0%増と、ともに速 報と同じだった。

4-6月以降は回復加速

GDPをどれだけ増加させたかを示す寄与度でみると、国内需要 (内需)はプラス0.6ポイントと速報(プラス0.5ポイント)から上方修 正。輸出から輸入を差し引いた純輸出(外需)はプラス0.4ポイント と、速報と同じだった。在庫の寄与度はマイナス0.0ポイントと速報 (マイナス0.2ポイント)から上方修正された。

生活実感により近いとされる名目GDPは、前期比0.6%増(年率 換算2.2%増)と速報の0.4%増(同1.5%増)から上方修正。総合的な 物価指標であるGDPデフレーターは前年同期比1.1%低下と速報 (1.2%低下)から引き上げられた。

財務省が3日発表した法人企業統計によると、1-3月期の設備投 資額は前年同期比3.9%減。GDP改定値に反映されるソフトウエアを 除いた額は同5.2%減と、いずれも前期(それぞれ8.7%減、7.2%減) から減少幅が縮小した。

BNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストは統計発表前、 4-6月以降の景気について「12年度補正予算の効果が本格化してくる ほか、住宅投資を中心に来年の消費増税前の駆け込み需要も続く」と指 摘。減少が続いていた設備投資も「円高修正を受けて収益が大きく回復 した製造業で緩やかな持ち直しが予想されるほか、堅調な内需や不動産 市場の持ち直しを背景に非製造業でも回復が予想される」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE