コンテンツにスキップする

異次元緩和はばくち、株安は政権へのイエローカード―早川前日銀理事

前日本銀行理事の早川英男富士通総 研エグゼクティブ・フェローは、足元の円高・株安は安倍政権に対する イエローカード(警告)だと述べた。また、日銀の異次元緩和は良く言 えば実験、悪く言えばギャンブル(ばくち)であり、それにより長期金 利が振れるの当然で、日銀はじたばたすべきではない、と語った。

早川氏は7日に行ったインタビューで「仮に、参院選後に経済構造 改革をないがしろにし、憲法改正などという方向に走ったら、今はまだ イエローカード1枚だが、今度はレッドカード(反則で一発退場)が出 る可能性がある。その時は株価はもっと下がる可能性がある。一番怖い のは長期金利の反乱だ」と言明。アベノミクスの鍵を握っているのは「 黒田東彦総裁ではなく、やはり安倍晋三首相だ」と述べた。

TOPIXは安倍首相が成長戦略第3弾を発表した5日から3日続 落。円相場は6日のニューヨーク市場で一時、約7週間ぶりに1ドル =95円台に突入した。麻生太郎財務相は7日午前の会見で、「介入する とか直ちに何かを今するつもりはない」と静観する姿勢を示しており、 日銀が10、11日に開く金融政策決定会合に注目が高まっている。

早川氏は「株価は異次元緩和前の水準に近づいているが、昨年秋に 比べればまだ高いし、為替は円安水準だ。ギャンブルとしては今のとこ ろうまく行っている方ではないか」と指摘。「もともと大胆な金融緩和 は成長戦略までの時間稼ぎだったと考えれば、十分時間は稼いだし、政 権の支持率は大きく上がったので、成長戦略に取り掛かるためのポリテ ィカル・キャピタル(政治資本)は相当蓄えることができた」と語る。

「全くそんな感じはない」-物価目標の実現

その上で、金融市場が不安定化している背景について「恐らく1つ は、安倍首相が参院選後、蓄えたポリティカル・キャピタルを成長戦略 ではなく、憲法改正などに注ぎ込むのではないかという心配が底流にず っとある」と指摘。「期待を込めて言えば、市場の警告を真剣に受け止 め、参院選後にやるべきことをやれば、これも決して悪くないというこ とになるが、逆方向に行くと大変なことになる」と話す。

日銀は4月4日、量的・質的金融緩和を導入し、2年を念頭に2% の物価目標の実現を目指すと宣言した。日銀のチーフエコノミスト的な 存在である調査統計局長を2001年から6年以上務めた早川氏は、その実 現可能性について「全くそんな感じはない」と語る。

日銀は4月の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、生鮮 食品を除く消費者物価の前年比が15年度までの見通し期間の後半にかけ て「2%程度に達する可能性が高い」と表明した。早川氏は「恐らく日 銀の見通しが民間の見通しとこれほどかい離したことはない。前から展 望リポートは願望リポートと言われていたが、まさに願望リポートにな ってしまう。日銀エコノミストにとっては結構大変だと思う」という。

「うそも方便、いいじゃないの幸せなら」

一方で、「どうしても2%に行かなければ駄目かというと、基本的 にそうではない」と早川氏は言う。「14年度は消費税が上がるので、本 当に物価が2%上昇したらトータルで4%上昇するが、そんなことは誰 も望んでいない。本当にそうなったら強い不満が上がるだろう。円高・ 株安が是正され、景気もちょっと良くなり、物価も賃金もちょっとプラ スになれば御の字というのが国民の感覚だ」という。

その上で「構造改革が進み日本経済が良くなれば、物価2%が実現 しなくても、日本全体からすると『うそも方便、いいじゃないの幸せな らば』で済むが、日銀の立場になれば問題は異なる」と表明。「まず直 面するのが、約束を二転三転させることによる信認の喪失だ」と語る。

早川氏が指摘する第2の問題が長期金利だ。「徐々に物価が上がっ ていけば、いずれ長期金利はもっと上がる。うまくやらないと、長い国 債をいっぱい持っている地銀などに相当大きな打撃を与える」と指摘。 「細心の注意が必要だが、細心の注意をしたところで、長期金利が思っ た通りには動かないことは、既に証明されてしまった」と話す。

2年物オペ導入は「ちょっとずれている」

3つ目の問題が出口だ。「これほど長い国債を買ってしまったら全 部売れないのは明らかだ。物価がプラスになり金利を上げる必要が出て くれば、付利を引き上げるしかない。技術論としては簡単だが、実際問 題として、膨大な当座預金残高を抱え、大手金融機関に巨額の金利を支 払うことになる。政治的に持つのか、という問題がある」という。

日銀は10、11日の会合で、1年までに限定している資金供給オペの 期間延長を議論する。早川氏は「ギャンブルをやっている以上、市場が 激しく動くのはやむを得ない。期待に働き掛けると言いながら、長期金 利は安定していなければならないというのは、いったいどういう発想な のか。長期金利が注目されていたタイミングであればともかく、今はそ うでもない。そういう意味でちょっとずれている」と疑問を呈した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE