コンテンツにスキップする

グリーンスパン氏:FRBは資産購入縮小を-行動開始は必須

グリーンスパン前米連邦準備制度理 事会(FRB)議長は、米金融当局は前例のない資産購入の縮小を始め る必要があるとし、完了に向けて動き出すべきだとの考えを示した。

グリーンスパン氏は7日、経済専門局CNBCに出演し、「FRB のバランスシート上にある過剰水準の資産への対処は、早ければ早いほ ど良い。誰もが過剰との見方で一致している」と指摘。「縮小開始の時 期だけでなく、政策転換の時期も課題だ。当局がこれを実行するために 望む裁量の余地全てを市場が与えてくれるわけではない」と述べた。

連邦公開市場委員会(FOMC)は、労働市場の見通しが「著し く」改善するまで月額850億ドルの資産購入を継続する方針を示してい る。この日のグリーンスパン氏の発言後に発表された5月の雇用統計に よると、非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比17 万5000人増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予 想中央値は16万3000人増だった。前月は14万9000人増と速報値の16 万5000人増から下方修正された。5月の家計調査に基づく失業率 は7.6%(前月7.5%)に上昇した。

グリーンスパン氏は債券購入のペース減速が最初の一歩となるべき だが、資産購入の規模を減らしてもFRBのバランスシートは拡大し続 けると説明。同バランスシートは過去最大の3兆4000億ドルに達してい る。

量的緩和策として知られる債券購入を完全にやめるほど米経済は十 分に力強いと考えるかと問われると、「たとえ十分に力強いとは思えな くても、やらなくてはならない」と話した。

その上で「当局の行動に関しては、あまりにも急激に動けば、市場 を動揺させる」とし、「段階的な実施が適切だが、行動を開始しなくて はならない」と続けた。

原題:Greenspan Calls for Tapering of Federal Reserve Asset Purchases(抜粋)

--取材協力:Kevin Costelloe.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE