コンテンツにスキップする

イタリア国債が大幅上昇、米雇用統計を好感-英独債は下落

欧州債市場ではイタリア国債が上昇 し、10年債利回りは約2カ月ぶり大幅低下となった。5月の米雇用統計 で雇用者数が予想を上回る伸びとなったことを背景に、高利回り資産を 求める動きが強まった。

スペイン国債も上昇。米労働省が発表した非農業部門雇用者数は前 月比17万5000人増加した。エコノミスト予想中央値は16万3000人増。前 月は14万9000人増だった。安全資産を求める動きは後退し、ドイツ国債 は下落。6日はユーロ圏諸国の国債が総じて安く、スペインとイタリア の10年債利回りは6週間ぶりの大幅上昇となっていた。欧州中央銀行( ECB)のドラギ総裁が域内経済の年内プラス成長回復見通しを示し、 追加的な刺激策の必要性が低下したとみられたためだ。

INGグループのシニア金利ストラテジスト、アレッサンドロ・ジ アンサンティ氏(アムステルダム在勤)は「安心感からイタリアとスペ インの国債が買われた」と発言。「市場はECBの会合に過剰反応して いた。この日の米雇用統計は雇用市場が改善し、米経済の状況が上向き にあることを示した。それ故、この経済データがリスク資産には支援材 料となった」と語った。

ロンドン時間午後4時51分現在、イタリア10年債利回りは前日比18 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し4.19%。これは4月 5日以来の大幅低下。前日は23bp上げ、2月26日以来で最も上げてい た。同国債(表面利率4.5%、2023年5月償還)価格はこの日、1.4上 げ102.84。

同年限のスペイン国債利回りは15bp下げ4.54%。一方、ドイツ10 年債利回りは3bp上昇し1.55%。一時は1.48%まで下げ、5月31日以 来の低水準となった。

英国債相場は下落。英公債管理局(DMO)は電子メールで、6 月24日の週に銀行団を通じて2068年7月償還債を発行すると発表した。

英10年債利回りは前日比5bp上昇の2.07%。同国債(表面利 率1.75%、2022年9月償還債)価格は0.38下げ97.315となった。

原題:Italy Yields Drop Most in 2 Months as U.S. Payrolls Boost Demand(抜粋) Pound Falls Most in 2 Weeks Versus Dollar as U.S. Payrolls Rise (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE