コンテンツにスキップする

インド株(終了):続落、ルビー安で海外勢が投資減らすと懸念

インド株式市場では指標のセンセッ クス30種指数が続落。ルピーが対ドルで1年ぶり安値となり、海外勢が インド株の保有を削減するとの懸念が広がった。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前日比90.26 ポイント(0.5%)安の19429.23で終了。前週末比では1.7%下げた。こ の日の売買高は30日平均を33%下回った。

世界最大の製油所を所有するリライアンス・インダストリーズ は1.1%下落。民間銀でインド最大手のICICI銀行も大きく下げ た。

ルピーは対ドルで下げ、1年ぶりに1ドル=57ルピー台となった。 米金融当局者が債券購入の縮小を示唆したことから、新興国への資金流 入が途絶えるとの懸念が広がった。規制当局が6日発表したデータによ ると、海外勢は5日にインド株を2800万ドル買い越した。年初来で は153億ドルと、同期間としては過去最大。

原題:Indian Stocks Extend Week’s Loss as Rupee Declines to 1-Year Low(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE