GPIF:基本ポート債券60%に下げ、株式12%に上げへ

年金積立金管理運用独立行政法人 (GPIF)は7日、現在の第2期中期計画(2010-14年度)の変更を 発表した。運用資産の基本ポートフォリオ比率に関し、国内債券を従来 の67%から60%に引き下げる一方、国内株式は11%から12%に増やす。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。