コンテンツにスキップする

米モルガンSのオコナー氏が退職、ISDAの常勤会長に就任

米モルガン・スタンレーのスティー ブン・オコナー氏は、国際スワップデリバティブ協会(ISDA)の常 勤会長に就任するため、同行を退職する。

ISDAの発表資料によると、オコナー氏は6日から常勤会長に就 任する。同氏は1988年にモルガン・スタンレーに入行。規制改革戦略や クリアリング、カウンターパーティー・リスク管理のポストを歴任し た。2008年からISDAの理事を務めており、11年4月にはモルガン・ スタンレーに在籍しながらISDAの会長に選出された。

オコナー氏の退職を知らせるモルガン・スタンレーの内部文書によ れば、同氏は最近では店頭デリバティブ(金融派生商品)規制に重点的 に取り組んでいた。同行の広報担当、マーク・レイク氏が文書の内容を 確認した。

原題:Morgan Stanley’s O’Connor Leaving to Be Full-Time ISDA Chair (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE