コンテンツにスキップする

ブラジルの格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げ-S&P

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は、ブラジルの格付け見通しを「ステーブル (安定的)」から「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。鈍い経済成 長と拡張的な財政政策が政府債務水準の上昇につながる恐れがあると指 摘した。

S&Pはブラジルの格付けをメキシコやコロンビアと同水準の 「BBB」としている。「BBB]はジャンク級よりも2段階上。

S&Pはリポートで、「緩慢な」経済成長と「弱い」財政政策、政 府に対する信頼性の悪化を格付け見通し変更の理由に挙げた。同社は今 年のブラジルの経済成長率を2.5%と予想している。2012年は0.9%だっ た。

原題:Brazil’s BBB Rating Outlook Cut to Negative by S&P on Weak GDP(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE