コンテンツにスキップする

6月6日の米国マーケットサマリー:円が急伸、一時対ドル95円台

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3246   1.3093
ドル/円             97.10    99.06
ユーロ/円          128.61   129.70


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       15,040.62     +80.03     +.5%
S&P500種           1,622.49     +13.59     +.8%
ナスダック総合指数    3,424.05     +22.58     +.7%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .29%       +0.00
米国債10年物     2.08%       -.01
米国債30年物     3.24%       -.01


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,415.80    +17.30   +1.24%
原油先物         (ドル/バレル)   94.64      +.90     +.96%

◎NY外国為替市場

6日のニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで2年ぶりの大幅 上昇。一時は7週ぶりの高値をつけた。日本銀行の緩和策をベースに円 安シナリオを描いていたトレーダーらがポジションを手じまった。

ユーロは対ドルで3カ月ぶり高値に上昇。欧州中央銀行(ECB) のドラギ総裁はユーロ圏経済が年内にプラス成長を回復するとの見通し を示した。ユーロは主要通貨の大半に対して上昇。ECBはこの日の定 例政策委員会で政策金利を据え置いた。英ポンドは対ドルで上昇。イン グランド銀行(英中央銀行)は金融政策委員会(MPC)で、資産買い 取りプログラムの規模を据え置いた。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)傘 下RBSセキュリティーズの為替ストラテジスト、ブライアン・デンジ ャーフィールド氏は「対円でドルが下げてストップ注文が発動し、G10 通貨全般でのポジション手じまいを促した」と述べ、「ドルが全面的に 下げたきっかけは、ドルが98円80銭と98円50銭という重要な節目を抜い て値下がりしたことだ」と述べた。

ニューヨーク時間午後1時32分現在、円は対ドルで1.9%上昇して 1ドル=97円21銭。4月16日以来の高値をつけた。ユーロは対ドル で1.1%高の1ユーロ=1.3235ドル。2月25日以来の高値となった。ユ ーロは対円では0.8%下げて1ユーロ=128円63銭。

◎米国株式市場

米株式相場は反発。S&P500種株価指数は一時の下げから上げに 転じる展開となり、3日ぶりに上昇した。雇用統計の発表を翌日に控 え、金融緩和をめぐる思惑が交錯した。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比0.9%高の1622.56で終了。一時は0.7%安となる場面もあっ た。ダウ工業株30種平均は80.03ドル(0.5%)上げて15040.62ドルで終 えた。

JPモルガン・チェースの投信部門の世界市場ストラテジスト、ア ンドレス・ガルシアアマヤ氏は「米市場は流動性相場からファンダメン タルなデータに基づいた上昇への移行期にあり、値動きが非常に荒い。 市場が収益や雇用情勢を織り込もうとしているのか、あるいはまだ金融 当局主導の相場なのかを投資家は判断しようとしている」と語った。

◎米国債市場

米国債相場は上昇。10年債利回りはほぼ2週間ぶりの低水準を付け た。今後の金融緩和策の方向性を左右することにもなる7日の雇用統計 を控え、国債の安全性を求める動きが広がった。

この日は欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が追加措置を発表し なかったことに反応して株式相場が下落。これを手掛かりに米国債は一 時上げを拡大する場面があった。ブルームバーグが実施した調査によれ ば、7日発表される5月の雇用統計では非農業部門雇用者数は16万5000 人増が見込まれている。米財務省は、来週実施する国債入札の規模を合 計660億ドルと発表した。

ユナイテッド・ネーションズ・フェデラル・クレジット・ユニオン (ニューヨーク)の最高投資責任者(CIO)、クリストファー・サリ バン氏は「市場ではあすの雇用統計に関して、コンセンサスよりも若干 弱めになるとの見方が強まっている。ただ依然として不透明だ」と指 摘。「きょうのECBの発表は、緩和拡大へのコミットメントという面 で一段の踏み込みを予想していた投資家にとっては驚きだった」と述べ た。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後2時25分現在、10年債利回りは前日比3ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下の2.06%。一時1.99%と、5月24日以来の低い水 準を付けた。また2.13%に上昇する場面もあった。同年債(表面利 率1.75%、2023年5月償還)価格は7/32上げて97 6/32。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は続伸。3週間ぶりの高値となった。ドル がユーロと円に対して下落したことを背景に、代替投資としての金買い が活発になった。

ユーロは3カ月ぶりの高値に上昇。欧州中央銀行(ECB)のドラ ギ総裁はユーロ圏経済が年内にプラス成長を回復するとの見通しを示し た。円の先安を見込んだ持ち高の巻き戻しが進み、円は一時3.2%上げ た。金は年初から16%下落、ドルは主要通貨のバスケットに対し て2.2%上昇している。

アーチャー・フィナンシャルのシニア市場ストラテジスト、アダ ム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、 「金はユーロ高に支えられている」と指摘。「きょうは為替の動きが影 響している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比1.2%高の1オンス=1415.80ドルで終了。一時は1423.30 ドルと、中心限月としては5月15日以来の高値をつけた。

◎NY原油先物

ニューヨーク原油相場は続伸。ユーロが対ドルで3カ月ぶり高値に 上昇したことから、原油に買いが集まった。欧州中央銀行(ECB)の ドラギ総裁は年末までにユーロ圏経済がプラス成長に復帰するとの見方 を示した。

ユーロは4日連続で上昇。ドラギ総裁は政策金利を過去最低で据え 置いた後の記者会見で、ユーロ圏の経済活動は年内に安定化し控え目な ペースながら回復していくだろうと述べた。米労働省によれば、先週の 米新規失業保険申請件数は前の週から減少した。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニアマーケッ トアナリスト、フィル・フリン氏は「ドラギ総裁から今回も剣より強い 言葉が発せられ、市場はこれを好感した」と指摘。「総裁が語ればユー ロは耳を傾ける。そして原油はユーロを追いかける」と続けた

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限は前日 比1.02ドル(1.09%)高の1バレル=94.76ドルで終了。年初から は3.2%の値上がり。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE