コンテンツにスキップする

ラスキンFRB理事:「バーゼル3」の早期導入を呼び掛け

米連邦準備制度理事会(FRB)の ラスキン理事は6日、監督当局は金融機関向けの国際的な新資本規制を 完成させる必要があるとの認識を示した。遅れれば、金融機関は今後の 計画をどう立てて良いか分からなくなり、悪影響が及ぶ可能性があると 説明した。

理事はオハイオ州コロンバスで講演。事前に配布された原稿による と、「現在、融資の判断や資金調達計画は今後の事業環境をどう捉える かで決まる。事業環境には最終的な資本規制の枠組みの詳細も含まれ る」と指摘。「資本規制の枠組みをめぐる不透明感が、そうした規制の 影響を受ける金融機関のバランスシートの重しとなりつつあることは明 らかなように思われる」と続けた。

ラスキン理事は関係監督当局に新たな銀行資本規制「バーゼル3」 の導入を急ぐよう呼び掛けた格好だ。理事はこの日、米経済や金融政策 の見通しについては発言しなかった。

理事は「経済がようやく勢いを増しつつあると感じられる状況にな り、資本規制をまとめることで必要資本をめぐる不透明感を最小限に抑 えられると同時に、銀行の安全性および健全性を高められると確信して いる」と述べた。

原題:Fed’s Raskin Seeks to Clarify Bank Rules by Hastening Basel III(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE