コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:上海指数が続落、香港・印株も下落

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。野村ホールディングスが香港株の投資評価を 引き下げたことが響いた。不動産株が安い。中国の貿易やインフレなど の指標発表を週末に控え、ハンセン中国企業株(H株)指数はここ1年 で最も長期の下落となっている。

香港を拠点に中国本土のショッピングモールに投資している不動産 開発会社、恒隆地産(101 HK)は3.1%安。売上高の73%を北米で稼ぐ 電動工具メーカーのテクトロニック・インダストリーズ(創科実 業、669 HK)は2.3%安。米国の雇用と製造業の統計が予想を下回った ほか、米連邦準備制度理事会(FRB)が刺激策を縮小するとの観測が 響いた。

時価総額で中国最大のアルミニウム生産会社、中国アルミ(チャル コ、2600 HK)は1.7%安。一部の生産ラインを停止したことが影響し た。

ハンセン指数は前日比230.81ポイント(1.1%)安の21838.43と、 4月23日以来の安値で終了。構成50銘柄中、48銘柄が値下がりした。H 株指数は同1.1%安の10361.22。これで7営業日続落となった。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は「中国 経済が減速する可能性を投資家は懸念しており、けん引役も欠いてい る」と指摘。「香港の不動産株は金利に敏感だ。政府の政策で香港の不 動産市場は既に冷え込みつつあり、利上げがあれば状況はさらに悪化す るだろう」との見方を示した。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は6営業日続落。来週の連休を控え て短期金利が上昇する中、ここ1年で最も長期の下げ局面となってい る。金融株と通信株を中心に値下がりした。

通信サービスを手掛ける成都鵬博士電信伝媒集団(600804 CH) は10%の値幅制限いっぱい下落。興業銀行(601166 CH)は約2カ月ぶ りの安値を付けた。中国最大の不動産開発会社、万科企業(000002 CH)は2.9%安。

6日の中国短期金融市場では翌日物レポ金利が1年4カ月ぶり高水 準に上昇。連休に備えて銀行が資金を蓄える中、現金供給が逼迫(ひっ ぱく)するとの懸念が広がった。10-12日の中国金融市場は端午節の祝 日のため休場となる。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比28.82ポイント(1.3%)安の2242.11で終 了。5月29日以降に3.5%下落している。上海、深圳両証取のA株に連 するCSI300指数は前日比1.3%安の2527.84と、5月15日以来の安値 となった。週末には中国の貿易やインフレ、工業生産などの経済指標の 発表が予定されている。

大衆保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は「経済指標の発 表を控えて市場は慎重になっており、投資家は指標が予想に届かなかっ た場合に備えて様子見している」と指摘した。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落し、指標のセンセックス30種指数は5週ぶり 安値を付けた。ルピーが対ドルで1年ぶり安値となり、海外勢がインド 株の保有を削減するとの懸念が広がった。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前日比48.73 ポイント(0.3%)安の19519.49で引けた。終値ベースで4月30日以来 の安値。ソフトウエア輸出で国内2位のインフォシスは1週間ぶり安値 を付けた。世界最大の製油所を所有するリライアンス・インダストリー ズは1.3%下落。

ルピーは対ドルで下げ、1年ぶりに1ドル=57ルピー台となった。 米金融当局者が債券購入の縮小を示唆したことから、新興国への資金流 入が途絶えるとの懸念が広がった。10年ぶり低成長のインドでルピー安 がインフレをあおれば、インド準備銀行(中央銀行)が金融緩和を拡大 して景気を支援する余地が限定される恐れがある。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比54.03ポイント(1.1%)安の4781.17。

【韓国株式市況】

6日の韓国市場は祝日のため休場。取引は7日に再開される。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比85.77ポイント(1.1%)安の8096.14。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE