コンテンツにスキップする

インド、金の輸入税を8%に引き上げ-経常赤字の抑制目指す

世界最大の金購入国、インドが過去 最高水準に達している経常赤字の抑制に向け金の輸入税を引き上げた。 業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)はインドの四半期 ベースの金需要が過去最高水準に増加すると予想している。

インド歳出庁のスーミット・ボス長官は5日、ニューデリーからの 電話インタビューで、輸入税が6%から8%に引き上げられる見通しで あることを明らかにした。輸入税は昨年1月以降、3倍に上昇してい た。全インド宝石・宝飾品貿易協会は、同国の金輸入が今年、最大20% 減少する可能性があるとの見方を示した。プラチナの輸入税も6%から 8%に引き上げられた。

金相場が4月に2年ぶりの安値まで下げたため、アジアの宝飾品需 要は増加した。金需要などを背景に、インドの2012年10-12月(第4四 半期)の経常収支は326億ドルの赤字となった。国内総生産(GDP) に対する比率は過去最高の6.7%に達した。

原題:India Increases Gold Import Duty to Cut Current-Account Deficit(抜粋)

--取材協力:Siddharth Philip.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE