コンテンツにスキップする

米国株:続落、S&P500は1カ月ぶり安値-統計が予想下回る

米株式相場は続落。S&P500種株 価指数は1カ月ぶりの安値を付けた。雇用と製造業に関する統計が予想 を下回ったほか、金融緩和の縮小観測が売りにつながった。

S&P500種のセクター別では全10業種が下落。特にアルコアなど 素材株とバンク・オブ・アメリカ(BOA)など金融株の下げが目立っ た。住宅ローン申請が4週連続で減少したことを背景に住宅建設株指数 も下げた。インテルは2.6%安と、ダウ工業株30種平均の構成銘柄の中 では下げが最もきつい。一方、売上高がアナリスト予想を上回ったウォ ルグリーンは上昇。

S&P500種株価指数は前日比1.4%安の1608.90と、終値としては 5月2日以来の安値。ダウ工業株30種平均は216.95ドル(1.4%)下げ て14960.59ドルで終えた。米証券取引所全体の出来高は約69億株と、3 カ月平均を10%上回った。

マックイーン・ボール・アンド・アソシエイツの最高投資責任者 (CIO)、ビル・シュルツ氏はこの日の統計について、「経済成長観 測に水を差す可能性がある」と指摘。「これら全ての逆風は市場全体に 注意を促している。投資家は一服し、株式が資金を振り向ける唯一の市 場だった従来よりも様子見姿勢を強めている」と述べた。

給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが 発表した給与名簿に基づく集計調査によると、5月の民間雇用者数は市 場予想を下回る伸びだった。4月の米製造業受注額は市場予想を下回る 伸びにとどまった。

ベージュブック

米連邦準備制度理事会(FRB)が午後に地区連銀経済報告(ベー ジュブック)を公表した後も株価は軟調を維持した。同報告によると、 経済は12地区中11地区で「緩慢ないしまずまず」のペースで拡大した。 ビジネス支援サービスから建設業、製造業と幅広い分野で活動が上向い たことが示された。

ブルームバーグがエコノミスト85人を対象にまとめた調査による と、7日発表の5月の雇用統計で非農業部門雇用者数は前月比16万5000 人増が予想されている。4月は16万5000人増だった。

S&P500種は5月21日に終値ベースで最高値を更新して以 来、3.6%下げている。金融緩和の縮小をめぐり当局者から発言が相次 いでいることが背景にある。

住宅建設株が安い

S&P住宅建設株指数は1.6%下落、構成する全11銘柄のうち10銘 柄が下げた。全米抵当貸付銀行協会(MBA)が発表した5月31日終了 週の住宅ローン申請指数は前週比11.5%低下。借り入れコストがここ1 年余りで最高の水準に上昇し、借り換えが減少した。

コニファー・セキュリティーズの株式取引ディレクター、リック・ フィア氏は「金利上昇・景気堅調の方が良いのか、それとも景気軟調・ 量的緩和継続の方が良いのか。わたしは金利上昇・景気堅調の方を望む が、市場は金利の小幅上昇が住宅セクターとその関連にどの程度、影響 するかを最も懸念している」と語った。

D.R.ホートンは1.2%下落し、4日続落。トール・ブラザーズ は8日続落、この日は1.7%下げて4月22日以来の安値となった。ホー ム・デポは2%下げ、ダウ平均の構成銘柄の中で下げが目立った。

アップルは0.9%安。米国際貿易委員会(ITC)はアップルが韓 国サムスン電子のデータ通信関連特許1件を侵害していると認定した。 特許侵害をめぐる両社の紛争で米国内でアップルが敗訴した初めてのケ ース。スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォー ン)4」を含む旧型の一部アップル製品の米国への輸入が禁止される可 能性がある。

ゼネラル・モーターズ(GM)は2.7%安。米財務省はGMの普通 株3000万株を追加で売却する予定だと発表した。5日の声明によれば今 回の売却は、GMが6日の株式市場取引終了後にS&P500種株価指数 に採用されるのに合わせて実施される。

原題:U.S. Stocks Decline After Jobs, Factory Reports Miss Estimates(抜粋)

--取材協力:Tom Stoukas.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE