コンテンツにスキップする

米ISM非製造業景況指数:5月は53.7に上昇、雇用は低下

米供給管理協会(ISM)が発表し た5月の非製造業景況指数は前月から上昇した。

5月の非製造業総合景況指数は53.7と、前月の53.1を上回った。ブ ルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は53.5だった。同指 数で50は活動の拡大と縮小の境目を示す。

現在の景気拡大期に突入した2009年6月以降、同指数の平均値 は53.6となっている。

5月の総合景況指数を項目別に見ると、新規受注は3カ月ぶり高水 準の56。前月は54.5だった。景況指数は56.5と、前月の55から上昇し た。一方、雇用指数は50.1と、昨年7月以来の低水準に下げた。前月 は52。

ISMの非製造業景況調査委員会のアンソニー・ニエベス委員長は 記者団との電話会議で「若干は成長しているが、ビジネス動向に強い上 昇が見られないことから成長ペースは減速している」と述べ、「長期的 な見通しにはまだある程度の不透明感が伴う」と続けた。

ください。

原題:Service Industries in U.S. Expanded at a Faster Pace in May (1)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE