コンテンツにスキップする

ポーランド中銀:政策金利を引き下げ、過去最低の2.75%に

ポーランド中央銀行は5日、政策金 利を過去最低に引き下げた。同国の経済成長率は4年ぶり低水準に減速 している。

同中銀は政策金利であるレファレンス金利を0.25ポイント引き下 げ2.75%にした。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では、40 人中38人が同幅での利下げを見込んでいた。1人は0.5ポイントの利下 げを、1人は金利据え置きをそれぞれ予想していた。

昨年11月以降の利下げ幅は1.75ポイント。ユーロ圏債務危機の影響 で同国経済は1-3月(第1四半期)に2009年以来の低成長となった。

原題:Poland Cuts Main Rate to Record Low as Economy Loses Momentum(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE