コンテンツにスキップする

米コカコーラ:ミャンマーにボトリング工場を開設-CEO

世界最大の清涼飲料メーカー、米コ カコーラのムフタル・ケント最高経営責任者(CEO)は4日、ミャン マーにボトリング工場をオープンし、60年ぶりに同国での事業を再開し たことを明らかにした。

ケントCEOはブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 ミャンマーの消費者を呼び込むためには流通に注力することが必要にな ると指摘。同社は向こう5年で2億ドル(約200億円)を投じる方針 で、1カ月以内に2つ目の工場を開設することも明らかにした。

同CEOは「ミャンマー国内に最良かつ最も近代的な販売システム を確実に持つための複数の計画がある」と述べた。

一方、ライバルのペプシコもミャンマーでの飲料の販売網構築を進 めている。同社はスナックの販売を近く始める方針で、工場の建設を目 指している。

原題:Coca-Cola Opens Myanmar Bottling Plant to Stave Off PepsiCo(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE