コンテンツにスキップする

6月4日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル上昇、成長加速への期待で-豪ドルは下落

4日のニューヨーク外国為替市場で、主要6通貨に対するインター コンチネンタル取引所(ICE)のドル指数が上昇。米経済の成長加速 で投資家のリスク志向が高まり、高利回り資産の需要が拡大するとの見 方が背景だ。

円は対ドルで下落。1ドル=100円の節目を抜けて値下がりした。 前日は3週ぶりの高値に上昇していた。オーストラリア・ドルは主要16 通貨すべてに対して下落した。オーストラリア準備銀行(中央銀行) が、インフレ見通しからすると一段の金融緩和余地が残されているとの 見解を明らかにしたことが材料となった。

米商務省が発表した4月の貿易収支統計によると、財とサービスを 合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は前月から拡大。 支出増の可能性を示す輸入の増加が反映された。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は電話取材に対し、「米国で弱い統計が1つ発表 されたからといって、全般的なドル上昇シナリオに大きな心理的影響が あるとは考えていない。特に対円での強いドルの見方に変化はないだろ う」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.5%上昇して1ド ル=100円03銭。前日は円が対ドルで98円87銭と、5月9日以来の高値 に上昇する場面もあった。円はこの日、対ユーロで0.5%安の1ユーロ =130円84銭。ドルは対ユーロでほぼ変わらずの1ユーロ=1.3081ド ル。

ドル指数は0.1%上昇して82.769。一時は0.4%上昇した。前日 は0.9%下げて5月9日以来の低い水準となった。

円が下落

円は主要通貨の過半数に対して下落した。厚生労働省が発表した4 月の毎月勤労統計調査によると、従業員5人以上の事業所での1人当た り現金給与総額は前年同月比で増加、伸び率は過去約1年で最大だっ た。

三菱東京UFJ銀行の為替ストラテジスト、リー・ハードマン氏 (ロンドン在勤)は「相場は最近見られた円上昇の動きからある程度反 転し、円安となっている」と述べ、「米経済の動向や金融政策の方向性 が円にとって重要となるだろう」と続けた。

ハードマン氏は対ドルでの円は今後12カ月間で下落、1ドル=110 円を目指すと予測している。

ユーロが安い

ユーロはこの日対ドルで一時、0.3%下落。欧州の救済基金である 欧州安定化メカニズム(ESM)から直接銀行に資本を注入する規則の 整備を遅らせることについて、ドイツがフランスの賛成を取り付けた と、欧州の当局者2人が明らかにしたとの報道が手掛かりだった。

ユーロ圏の財務相らは今月中にESMから銀行への資本注入の開始 時期や方法について政治的に合意し、ユーロ圏の銀行の一元監督が始ま る来年から利用できるようにする計画だった。

オーストラリア準備銀行は政策金利オフィシャル・キャッシュレー トの誘導目標を過去最低水準の2.75%で据え置いた。同銀のスティーブ ンス総裁は声明で、豪ドル相場について、「前回の会合以降、下げてい るものの、過去1年半の輸出価格下落を考慮すれば、なお高水準にあ る」と分析した。

豪ドルは対米ドルで1.2%下落。先進10カ国の通貨で構成されるブ ルームバーグ相関加重通貨指数によると、豪ドルは年初から3.9%下 落。円は10.9%下げた。一方、ドルは4.4%上昇し、ユーロも3.4%上げ た。

原題:Dollar Gains as Investors Bet on Faster Growth: Aussie Declines(抜粋)

◎米国株:反落、金融緩和縮小の観測で売り-早ければ9月開始との声

米株式相場は反落。金融緩和の規模が9月にも縮小されるとの複数 のエコノミストの見解を材料に、売りが優勢になった。

エクソンモービルやシェブロンなどエネルギー株が下落。オンライ ン顧客管理ソフトウエア最大手のセールスフォース・ドット・コムは大 幅安となった。同社はデジタルマーケティング企業イグザクトターゲッ トの買収で合意した。ダラー・ゼネラルも大幅に下げた。通期の業績見 通しの上限を引き下げたことが嫌気された。一方、ゼネラル・モーター ズ(GM)は上昇。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は3 日、GMをS&P500種株価指数に採用し、ハインツを除外すると発表 した。

S&P500種株価指数は前日比0.6%安の1631.38で終了。ダウ工業 株30種平均は76.49ドル(0.5%)下げて15177.54ドルで終えた。米証券 取引所全体の出来高は約68億株と、3カ月平均を7.6%上回った。

ナティクシス・グローバル・アセット・マネジメントの投資ストラ テジスト、デービッド・ラファティ氏は電話インタビューで、「金融緩 和縮小をめぐる議論の影響で値動きが一段と荒くなるのは確実だ。ここ 数日、市場の不安を背景に値動きが荒くなっている」と述べた。

当局者発言

金融緩和縮小の開始時期をめぐり当局者の発言が相次ぐ中、S& P500種は過去7営業日で反発と反落を繰り返している。

カンザスシティー連銀のジョージ総裁はこの日の講演で、緩和縮小 を訴えた。同総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)の全ての会 合で金融緩和に反対票を投じている。サンフランシスコ連銀のウィリア ムズ総裁は3日、「早ければこの夏にも、当局の購入プログラムに対す る何らかの調整、恐らくは下方向への幾分の調整があり得ると思う」と 述べた。アトランタ連銀のロックハート総裁は3日、最近の経済指標に ついて「依然として非常にまちまちな内容だ」と発言。「私ならもう少 し慎重に考えて8月か9月、もしくは年末までにと言うかもしれない」 と話した。

ゴールドマン・サックス・グループのチーフエコノミスト、ジャ ン・ハッチウス氏は早ければ9月にも月々の債券購入額の縮小が発表さ れる可能性があるとの見方を示した。ドイチェ・バンク・セキュリティ ーズのチーフエコノミスト、ジョゼフ・ラボーニャ氏はリポートで、今 週発表の雇用統計が予想に達しなくとも、FOMCは9月に債券購入 を250億ドル削減する可能性があると指摘した。

ハッチウス氏はFOMCが12月までは月850億ドル(約8兆5200億 円)の購入額を減らすことはないというのが引き続きゴールドマンの予 想だが、いわゆる緩和縮小がそれよりも早く起こることもあり得ると3 日に述べた。

ハッチウス氏はロンドンで開催されたゴールドマン主催の会議でブ ルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、「9月の緩和縮小の 可能性は確かにある。それはデータ次第だと思う」と語った。

雇用指標

今週発表の2つの経済指標は5月の雇用増を示すと予想されてい る。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によると、ADPリサ ーチ・インスティテュートが5日発表する民間部門の雇用者数の予想 は16万5000人増。7日発表の雇用統計の非農業部門雇用者数は16万7000 人増が予想されている。

S&P500種のセクター別では10業種のうち金融やエネルギーなど 8業種が下げた。シェブロンとエクソンがともに0.9%下げ、バンク・ オブ・アメリカ(BOA)は1.4%安となり、3日続落。

セールスフォースは7.9%安。同社はイグザクトターゲットを約25 億ドル(約2500億円)で買収することで合意した。イグザクトターゲッ トは52%高。

GMはS&P500種に復帰

ダラー・ゼネラルは9.2%下落し、S&P500種の構成銘柄で下落率 首位。収入の伸び悩みを理由に調整後の1株利益予想レンジの上限 を3.22ドルと、従来の3.30ドルから引き下げた。アナリスト予想は3.28 ドル。

通信サービス株指数は0.9%上昇。AT&Tは1.7%高。

GMは1.6%高。2009年6月の破産法適用の申請に伴いS&P500種 から外されていたが、4年ぶりに再び採用される。ハインツは著名投資 家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハ サウェイと資産家ジョルジェ・パウロ・レマン氏の投資会社3Gキャピ タルによる買収で株式が非公開化される。

原題:U.S. Stocks Fall as Economists Predict Fed Will Curtail Stimulus(抜粋)

◎米国債:利回りほぼ1年2カ月ぶり高水準-市場は雇用統計に注目

米国債市場では10年債利回りが1年2カ月ぶり高水準に接近。今週 発表される雇用関連の統計では雇用の増加が見込まれており、金融当局 が刺激策を縮小させるとの観測が強まりそうだ。

ブルームバーグのエコノミスト調査によれば、労働省が7日発表す る雇用統計では非農業部門の雇用者数は16万7000人増が予想されてい る。また別のエコノミスト調査によれば、ADPリサーチ・インスティ テュートが5日発表する5月の民間部門の雇用調査では雇用の増加が見 込まれている。JPモルガン・チェースの調査によれば、国債投資家は 今週の米国債相場について、7週連続での下落を予想している。

BNYメロン(ニューヨーク)の資本市場部門で米国債トレーディ ングの責任者を務めるダン・マルホランド氏は「雇用関連の統計は短期 的な見通しを方向付け、目先の金利の道筋を決める」と指摘。「雇用者 数の増加幅が20万人を超えれば、金融当局が9月にも購入ペースを減速 させるとの観測が強まる可能性がある。ただ現実的には、購入減速に は20万人超の増加幅が数カ月続く必要がある」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後4時59分現在、10年債利回りは前日比3ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の2.15%。同年債(表面利率1.75%、2023年5月 償還)価格は7/32下げて96 15/32。

10年債利回りは5月29日に2.23%と、12年4月以来の高水準に上昇 した。5月1日には年初来低水準となる1.61%を付けていた。過去10年 間の平均は3.58%。

朝方上げていた株式相場が下落に転じたことを手掛かりに、国債は 下げを縮めた。S&P500種株価指数は一時1%安となった。

「大きなイベント」

米国債のボラティリティ(変動性)の指標とされるメリル・オプシ ョン・ボラティリティ・エスティメート(MOVE)指数は82.79に上 昇し、12年6月以来の高水準となった。過去1年間の平均は62.47。

CRTキャピタル・グループの米国債戦略責任者、デービッド・エ ーダー氏は「大切なのはきょうの動きではない」とし、「大きなイベン トは7日の非農業部門雇用者数だ。今は予想される嵐の前の静けさとい った状況だ」と述べた。

ブルームバーグのエコノミスト調査によれば、5月雇用統計では失 業率は4年ぶり低水準の7.5%で4月と変わらず、非農業部門雇用者数 の増加幅は前月の16万5000人を上回ると見込まれている。

またADPの5月の民間雇用統計では16万5000人の雇用増が予想さ れている。4月は11万9000人増だった。

米国債の見通し

JPモルガンの調査によれば、米国債の投資家は相場の下落予想を 維持している。3日終了週のネットショート(売り越し)の比率は21ポ イントだった。前週は23ポイント。

アウトライト・ロングは11%。アウトライト・ショートは32%と、 前週の36%から低下した。

カンザスシティー連銀のジョージ総裁は、経済成長が加速している ほか、過去最低水準の金利で投資家のリスクテークが増えているとし て、米金融当局は債券購入のペースを減速させるべきだとの見解を示し た。

4日のニューメキシコ州サンタフェでの講演用に準備された原稿に よれば、総裁は「経済情勢の改善を踏まえ、私は金融政策面での次の適 切なステップとして資産購入ペースの減速を支持する」と言明。「経済 の進展を認識し、より正常な政策決定に向けて市場に備えさせるのにあ まりに長く時間をかけるのは、時期尚早な引き締めに劣らないリスクを 伴う」と続けた。総裁は体調不良のため講演自体は行わなかった。

原題:Treasury Yields at Almost 14-Month High Amid Wagers on Jobs, Fed(抜粋)

◎NY金:反落、世界的な株高やドル上昇で-インドの輸入制限も嫌気

ニューヨーク金先物相場は反落。世界的に株価が上昇したことを背 景に、価値保存手段としての金買いが減退した。

株価指標のMSCIオールカントリー世界指数は一時0.6%上昇。 ドルは主要通貨のバスケットに対して過去3営業日で2度目の上昇とな った。世界最大の金消費国であるインドは過去最大規模の経常赤字を縮 小するため、金輸入を抑制する措置を強化した。

ロジック・アドバイザーズのパートナー、ウィリアム・オニール氏 は電話インタビューで、「きょうは株式市場が勝ち組となっているよう だ」と指摘。「ドルの上昇や、インドでの規制強化も価格を押し下げて いる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比1%安の1オンス=1397.20 ドルで終了した。

原題:Gold, Silver Futures Decline as Global Equities, Dollar Advance(抜粋)

◎NY原油:小反落、ガソリン在庫増加の観測で-株安も影響

ニューヨーク原油相場は小反落。米原油在庫が増加したとの見方 から売りが優勢になった。株価の下落も影響した。

米エネルギー情報局(EIA)の在庫統計発表を5日に控えブルー ムバーグがまとめた調査では、先週のガソリンとディーゼル油の在庫が 増加したとみられている。米国株式市場ではダウ工業株30種平均が日中 ベースで3週間ぶり安値に下落した。

ショーク・グループ(ペンシルベニア州ビラノバ)のスティーブ ン・ショーク社長は「市場の需給ファンダメンタルズは依然弱い」と指 摘。「強気派にとってニューヨーク原油に固執しなくてはならない強い 根拠は見当たらない」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限は前日 比14セント(0.15%)安の1バレル=93.31ドルで終了した。

原題:Crude Declines on Expected Increase in Gasoline Inventories(抜粋)

◎欧州株:上昇、米緩和策継続との観測で-スペイン銘柄に買い

4日の欧州株式相場は上昇。指標のストックス欧州600指数は前日 付けた1カ月ぶり安値から反発した。米当局は金融緩和策に全力で取り 組んでいると、米アトランタ連銀のロックハート総裁が発言したことが 要因。

サンタンデール銀行や衣料小売りのインディテックスを中心にスペ イン銘柄が買われた。同国の失業者数が予想以上に減少したことが手掛 かり。イタリアの保険会社、ゼネラリ保険は1.2%高。米再保険部門の フランスのスコールへの売却合意が買い材料。半導体メーカーのSTマ イクロエレクトロニクスは約1カ月ぶり大幅高となった。

ストックス欧州600指数は前日比0.3%高の299.59で終了。前日は米 当局が資産購入を縮小するとの観測で、5月2日以来の安値を付けた。 5月全体では1.4%上昇し、月間ベースで12カ月連続高。年初来で は7.1%上げている。

ライファイゼン・キャピタル・マネジメント(ウィーン)の株式部 門責任者、ヘルベルト・ペルス氏は「ロックハート総裁の発言が好感さ れている」とし、「米国のマクロ経済データはあまり強気な内容とはな らず、量的緩和が継続されるとみている。欧州株は世界で最も過小評価 されており、当社は極めて強気だ」と語った。

ロックハート総裁は3日、最近の経済データについて、債券購入の 縮小を正当化できるほど十分に強い数字ではないと述べた。

ブルームバーグがまとめたデータによると、ストックス欧州600指 数の株価収益率(PER、予想ベース)は13.2倍。これに対し、米S& P500種株価指数は14.9倍となっている。

4日の西欧市場では、18カ国中12カ国で主要株価指数が上昇。スペ インのIBEX35指数は1%高となった。

原題:European Stocks Climb as Fed’s Lockhart Backs Stimulus Measures(抜粋)

◎欧州債:イタリアとスペイン債が反発、株高を好感-ドイツ債続落

4日の欧州債市場ではイタリアとスペインの国債相場が3営業日ぶ りに上昇。株式相場の持ち直しが支えとなり、ユーロ圏の高利回り資産 の需要が高まった。

ドイツ国債は続落。比較的安全な資産を求める動きが後退した。オ ーストリア債は前日からほぼ変わらず。同国は2017年と23年に満期を迎 える国債合わせて14億3000万ユーロ相当を発行した。ブルームバーグ・ ニュースのエコノミスト調査によれば、欧州中央銀行(ECB)は6日 の定例政策委員会で政策金利を過去最低の0.5%に据え置くと、59人 中57人が予想している。

ジェフリーズ・インターナショナル(ロンドン)の欧州担当シニア エコノミスト、マーシェル・アレクサンドロビッチ氏は「リスク意欲が 高まっている」とし、「イタリアとスペイン国債の上昇は流動性による もので、これが株式相場も押し上げている」と語った。

ロンドン時間午後4時38分現在、イタリア10年債利回りは前日比6 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の4.10%。3日に は4.23%と、4月19日以来の高水準となった。同国債(表面利 率4.5%、2023年5月償還)価格はこの日、0.47上げ103.55。

同年限のスペイン債利回りは5bp低下し4.43%、ポルトガル10年 債利回りは10bp下げて5.71%となった。

ドイツ10年債利回りは2bp上昇し1.54%。前日は1.57%と、2 月25日以来の高水準に達した。

英国債相場は下落。10年債利回りは12週間ぶり高水準に近づいた。 5月の英建設業の活動が予想外の拡大となったためで、安全資産の需要 が減退した。英小売売上高の改善も背景に、30年債利回りは3カ月で最 も上昇した。

ロンドン時間午後5時10分現在、英10年債利回りは4bp上昇 の2.04%。前日は3月8日以来の高水準となる2.06%に達した。同国債 (表面利率1.75%、2022年9月償還)の価格は0.36下げて97.60。30年 債利回りは一時5bp上昇して3.40%と、2月25日以来の高水準を記録 した。

原題:Italy’s Bonds Climb With Spain’s as Stocks Advance; Bunds Slide(抜粋) U.K. Gilt Yields Approach 12-Week High as Construction Expands (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE