コンテンツにスキップする

イタリアとスペイン国債が反発、株高を好感-ドイツ債は続落

4日の欧州債市場ではイタリアとス ペインの国債相場が3営業日ぶりに上昇。株式相場の持ち直しが支えと なり、ユーロ圏の高利回り資産の需要が高まった。

ドイツ国債は続落。比較的安全な資産を求める動きが後退した。オ ーストリア債は前日からほぼ変わらず。同国は2017年と23年に満期を迎 える国債合わせて14億3000万ユーロ相当を発行した。ブルームバーグ・ ニュースのエコノミスト調査によれば、欧州中央銀行(ECB)は6日 の定例政策委員会で政策金利を過去最低の0.5%に据え置くと、59人 中57人が予想している。

ジェフリーズ・インターナショナル(ロンドン)の欧州担当シニア エコノミスト、マーシェル・アレクサンドロビッチ氏は「リスク意欲が 高まっている」とし、「イタリアとスペイン国債の上昇は流動性による もので、これが株式相場も押し上げている」と語った。

ロンドン時間午後4時38分現在、イタリア10年債利回りは前日比6 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の4.10%。3日に は4.23%と、4月19日以来の高水準となった。同国債(表面利 率4.5%、2023年5月償還)価格はこの日、0.47上げ103.55。

同年限のスペイン債利回りは5bp低下し4.43%、ポルトガル10年 債利回りは10bp下げて5.71%となった。

ドイツ10年債利回りは2bp上昇し1.54%。前日は1.57%と、2 月25日以来の高水準に達した。

英国債相場は下落。10年債利回りは12週間ぶり高水準に近づいた。 5月の英建設業の活動が予想外の拡大となったためで、安全資産の需要 が減退した。英小売売上高の改善も背景に、30年債利回りは3カ月で最 も上昇した。

ロンドン時間午後5時10分現在、英10年債利回りは4bp上昇 の2.04%。前日は3月8日以来の高水準となる2.06%に達した。同国債 (表面利率1.75%、2022年9月償還)の価格は0.36下げて97.60。30年 債利回りは一時5bp上昇して3.40%と、2月25日以来の高水準を記録 した。

原題:Italy’s Bonds Climb With Spain’s as Stocks Advance; Bunds Slide(抜粋) U.K. Gilt Yields Approach 12-Week High as Construction Expands (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE