コンテンツにスキップする

米貿易赤字:4月は拡大、消費財や事務機器の輸入増加を反映

4月の米貿易赤字は約3年ぶり低水 準だった前月から拡大した。消費財や事務機器の輸入増加が反映され た。

米商務省が発表した4月の貿易収支統計によると、財とサービスを 合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は前月比8.5%拡 大し、403億ドル。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト 予想の中央値は411億ドルだった。前月は371億ドル(速報値388億ド ル)に修正された。輸入の伸びは輸出の2倍となった。

TDセキュリティーズUSAのエコノミスト、ミラン・マルレイン 氏(ニューヨーク在勤)は顧客リポートで、「今回の統計の細部を見る と、第2四半期(4-6月)初めの米国と世界の経済活動に関して明る さが感じ取れる」と指摘した。

輸入額は2.4%増の2277億ドル(前月2223億ドル)。自動車・同部 品の輸入が12億8000万ドル増えたほか、携帯電話も8億1600万ドル増加 した。またコンピューターが4億2900万ドル、通信機器は3億3000万ド ルそれぞれ増えた。

一方で石油の輸入額は296億ドルと、2010年11月以来の低水準だっ た。石油を除いたベースでの貿易赤字は206億ドルと、前月の167億ドル から拡大した。

輸出額は1.2%増の1874億ドルで、過去2番目の高水準。自動車・ 同部品の輸出が5億8600万ドル、宝飾品を含む消費財は19億6000万ドル 増えた。

国内総生産(GDP)の算出に使用されるインフレの影響を控除し た実質財収支は476億ドルの赤字と、赤字額は前月の446億ドルから拡大 した。

い。

原題:Trade Deficit in U.S. Widened in April From Three-Year Low (3) (抜粋)

--取材協力:Kristy Scheuble.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE