コンテンツにスキップする

ザック・ジャパン、W杯出場決める-開催国以外で一番乗り

サッカーFIFAワールドカップ (W杯)アジア最終予選でザッケローニ監督率いる日本代表サムライブ ルーは4日、オーストラリアと引き分け5大会連続5度目の本大会進出 を決めた。開催国ブラジルを除けば日本が世界で一番乗りになる。

埼玉スタジアムで日本は81分、豪MFトミー・オアーに左サイドか ら決められ先制を許した。日本は90分にMF本田圭佑(CSKAモスク ワ)が自身で得たPKを決めて1-1で試合を終えた。日本は予選B組 で勝ち点14となり、残り1試合で出場権を得る2位以内が確定した。

日本がホームで本大会行きを決めたのは初めて。4年に1度のW杯 で日本は1998年から出場を続け、これまでの最高記録は2002年と10年の ベスト16。次回ブラジル大会は14年6月12日開幕、決勝戦は7月13日。 出場32カ国が8グループに分かれて総当たりリーグ戦を戦い、上位2チ ームが勝ち残り決勝トーナメント戦で世界一の座をかけて争う。

ザッケローニ監督は試合後のインタビューで「日本に来た使命、W 杯出場が最低限の宿題で、ほっとしている。これから世界を驚かすため に仕事をしたい」と述べた。豪州戦は「主導権を握って勝利してもおか しくなかったが、いつも通り読めない事態があった。なんとかしようと いう気持ちが出た」と語った。試合はテレビ朝日が中継した。

本田、緊張していた

本田選手はPKについて「結構緊張していた。真ん中蹴って取られ たらしゃあないなという気持ちで蹴った」と語った。また「勝利できな かったのは残念だが、W杯に行くことが決定して良かった」とコメン ト、「6月はコンフェデレーションがあり、みんなあまり期待していな いかもしれないが、優勝するつもりで行く」と付け加えた。

キャプテンのMF長谷部誠はホームでW杯出場を決めたことについ て「素晴らしい雰囲気を作ってくれてみなさんのおかげ」とファンに感 謝した。前回W杯の南アフリカ大会に出場できなかったFW香川真司は 「南アフリカで立つことができなかった。あと1年あるのでレベルアッ プしてW杯のピッチに立てるように頑張りたい。みなさんの素晴らしい 雰囲気のおかげでW杯を決めることができた」と語った。

日本代表は11日に最終予選の最後の試合をイラクと戦う。続いて15 日からブラジルで始まる、各大陸の王者など8カ国が戦うFIFAコン フェデレーションズカップに参加する。グループAの日本は15日の開幕 戦でブラジルと対戦、19日にはイタリア、22日にメキシコと戦う。グル ープAとBの上位2カ国が勝ち残り戦に進み、決勝戦は30日の予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE