コンテンツにスキップする

ECBは成長率予想を下方修正する公算-JPモルガン

欧州中央銀行(ECB)は6日に公 表する最新の景気予測で今年の成長率見通しを下方修正するだろうと、 JPモルガン・チェースのエコノミスト、グレッグ・ファゼシ氏が予想 した。同氏は顧客向けリポートで、1-3月(第1四半期)のユーロ圏 成長率が予想より弱かったことや景況感の不安定さを指摘した。

インフレ率については、商品相場の下落と最近のコアインフレ率の 動向から、ECBが予想を若干引き下げるとみている。同氏はリポート で、ECBが2013年の成長率見通しをマイナス0.7%と従来のマイナ ス0.5%から下方修正すると予想。14年はプラス1%予測を据え置くと している。インフレ率予想は今年が1.4%、来年が1.2%と従来のそれぞ れ1.6%と1.3%から引き下げられる公算という。

金利は据え置かれ、この決定をドラギ総裁は景気に前向きな発言を することで正当化する一方、市場金利上昇を抑えるため追加緩和に含み を持たせるだろうとファゼシ氏は予想。また、中小企業支援策について の重要な措置は発表されないだろうとみている。

原題:ECB to Revise Down Growth and Inflation Expectations, JPM Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE