コンテンツにスキップする

日本勢がオーストラリア債への投資を再開-ウエストパック銀

豪ウエストパック銀行のデータによ ると、5月は日本の投資家が今年に入って月間ベースで初めてオースト ラリア債を買い越した。

同行のアナリスト、ダミエン・マッコロー氏とティモシー・ユング 氏は4日の報告書で、同行のデータでは日本の投資家の買い越し額が昨 年8月以来最高だったと指摘した。報告書によると、州政府債が主な投 資先で、連邦政府債などが続いた。

安倍晋三首相が実施した新たな政策が円安をもたらし、日本国債の 利回り上昇を招く中、日本の運用担当者は3月末までの半年間にわたり 豪州債を売り越していた。オーストラリア準備銀行(中央銀行)による 利下げも豪州資産の相対的な魅力低下につながり、豪ドルは5月に米ド ルに対し7.7%安と、月間ベースでは1年8カ月ぶりとなる大幅な下げ となった。

マッコロー氏らは報告書で、「当行のデータは、通貨絡みの売りは 最悪期を過ぎたようだと考える理由になっている」と説明した。

原題:Japanese Investors Returning to Australian Bonds, Westpac Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE