コンテンツにスキップする

香港で天安門事件追悼-中国指導部に人権改善と民主化訴える

中国で1989年に起きた天安門事件の 犠牲者を追悼する香港での集会主催者は、習近平国家主席に人権改善と 民主化を推進する改革に取り組むよう訴えた。

集会を主催する香港市民支援愛国民主運動連合会の李卓人主席 は、15万人の参加を呼び掛けていると語った。毎年開かれている追悼集 会は、今年3月に中国国家主席に就任した習氏の下では初めて。

李主席は電話取材で、「私たちが抱く中国の夢は民主的な中国とい う夢だ」と述べた上で、「中国当局は人権や民主化の改革に何ら踏み込 んでいない。習主席の中国の夢は私たちの夢とずれている」と語った。

天安門事件は、民主化などを求めて天安門広場に終結した学生らを 人民解放軍が排除し、この際に数百人が犠牲となったもので、中国は本 土での追悼集会は認めていない。

香港では天安門事件が発生した24年前の追悼集会に約100万人が参 加した。

原題:Hong Kong Tiananmen Vigil Organizers Call on Xi to Speed Reforms(抜粋)

--取材協力:Kevin Hamlin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE