コンテンツにスキップする

米マイクロソフト、「ウィンドウズRT」を値下げへ-関係者

米マイクロソフトは基本ソフト (OS)「ウィンドウズ」の小型タブレット端末向け価格を引き下げ、 モバイル・コンピューティング市場でのアップルへの対抗策のてこ入れ を目指す。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

関係者によると、マイクロソフトは価格変更を通じメーカーにタブ レット用OS「ウィンドウズRT」の採用を促したい意向で、値下げは 小型タブレット向けRTが対象になる。価格設定は部外秘だとして関係 者が匿名を条件に語った。

マイクロソフトはタブレット市場での米アップルとグーグルの優位 を切り崩す狙いでRT搭載機を1年前に発表したが、状況は依然として 厳しい。IDCによると、米ヒューレット・パッカード(HP)や台湾 の宏達国際電子(HTC)など世界の端末メーカーがRTを敬遠してい るため、搭載端末はほとんど店頭に並ばず、RTの1-3月(第1四半 期)の市場シェアは1%未満にとどまった。一方、アップルのシェア は40%だという。

ディレクションズ・オン・マイクロソフトのアナリスト、ウェス・ ミラー氏はマイクロソフトのRT戦略の「長期的な実行可能性」に疑問 が持たれていると述べ、RT端末を製造するメーカーの拡大や値下げな どの必要性に言及した。

4日から台北で始まるPC業界最大級の会合「コンピューテックス (台北国際電脳展)」では、マイクロソフトはRTへの関心を集めるこ とに苦戦しそうだ。コンピューターメーカーとの関係を担当する同社の ニック・パーカー氏は同会合でのスピーチで、RTに引き続き全力で取 り組んでいると提携先に説明する見通し。

原題:Microsoft Said to Cut Windows for Tablet Prices Amid Slump: Tech(抜粋)

--取材協力:Jungah Lee、藤村奈央子.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE