コンテンツにスキップする

NY銅:上昇、銅鉱山操業停止で供給不安-中国統計も材料視

3日のニューヨーク銅先物相場は上 昇。この3週間余りで最も大きな値上がりとなった。事故が発生した世 界2位の銅鉱山の操業停止が続いていることで供給不安が広がり、中国 の製造業活動の指数が予想に反して上昇したことも材料となった。

米フリーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールドは権益 を有するインドネシアのグラスベルグ銅鉱山で起きた事故に関し、調査 の影響で操業停止は最長3カ月に及ぶ可能性があると発表した。中国政 府が1日発表した5月の製造業購買担当者指数(PMI)は50.8と、4 月の50.6から上昇。ブルームバーグのエコノミスト調査では、製造業活 動の拡大と縮小の境目となる50が見込まれていた。中国は工業用金属の 世界最大の消費国。

PVMフューチャーズのブローカー、ハリー・デニー氏は電話イン タビューで、「中国統計は予想よりも幾分良かった。鉱山閉鎖の影響で 市場はもう少し引き締まるだろう。操業停止が想定より若干長引いてい る」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 7月限終値は前週末比1.2%高の1ポンド=3.3305ドル。中心限月の上 昇率としては5月8日以来の大きさとなった。

原題:Copper Prices Jump Most in Three Weeks on Freeport Mine Shutdown(抜粋)

--取材協力:Agnieszka Troszkiewicz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE