コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:中国続落、印株は1カ月ぶり安値

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場ではハンセン指数が4営業日続落。米連邦準備制度理 事会(FRB)が刺激策縮小を開始するとの懸念が広がる中で、中国の 製造業活動に関して相反する内容の指標が示されたことが響いた。欧州 株が下落して始まったことを受けて、株価は下げ幅を拡大した。

時価総額で中国最大のアルミニウムメーカー、中国アルミ(チャル コ、2600 HK)は3.8%下落し、資源株の下げを主導した。食品メーカー の中国食品(506 HK)も安い。営業利益が減少するとの見通しが嫌気さ れた。一方、収入の大半を香港で稼ぐ不動産開発の恒隆地産(101 HK) は1.7%高。先週は8.1%下げていた。

ハンセン指数は前週末比109.97ポイント(0.5%)安の22282.19で 終了。一時は0.8%高となった。構成50銘柄中、値下がりと値上がりの 比率は約2対1。ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.5%安 の10548.13。

中国国家統計局と中国物流購買連合会が1日発表した5月の中国製 造業購買担当者指数(PMI)は活動拡大ペースの加速を示したが、英 HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが3日発表し た5月の中国製造業PMI改定値では活動縮小が示唆された。

ベアリング・アセット・マネジメントのアジア担当マルチアセット 戦略責任者キエム・ドゥ氏(香港在勤)は「中国は回復しつつあるが、 好況に沸いているわけではない」と指摘。「中小企業は輸出を増やすの が難しいと感じている。バリュー投資家にとって、中国市場は相対的に かなり割安だ」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は3営業日続落した。国内の製造業 活動を示す指標で中小企業が苦しんでいる状況が示唆されたことが材料 となった。

下水処理を手掛ける北京碧水源科技(300070 CH)は5.3%下落し、 小型株で構成される深圳証券取引所の創業板(チャイネクスト)指数の 下げを主導した。重慶百貨大樓(600729 CH)を中心に上海上場の小売 株なども安い。

一方、金地(集団、600383 CH)は3営業日ぶりに反発。5月の新 築住宅価格が上昇したことから、不動産株が値上がりした。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前週末比1.34ポイント(0.1%)安の2299.25で終 了。チャイネクスト指数は2%下げた。上海、深圳両証取のA株に連動 するCSI300指数は0.2%安の2602.62。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが3日 発表した5月の中国製造業購買担当者指数(PMI)改定値は49.2と、 予想以上に低下し、8カ月ぶりの低水準となった。同指数は50を下回れ ば、活動縮小を示す。

華西証券の毛勝アナリストは「政府発表のPMIは大企業、 HSBCのPMIは中小企業の動向を反映したものだ」と説明。 「HSBCのPMI低下は小型株が下落する可能性も示唆している」と 述べた。

【インド株式市況】

3日のインド株式相場は下落。指標のセンセックス30種指数は1カ 月ぶり安値で引けた。5月の製造業の指標が50カ月ぶりの弱さとなった ことが嫌気された。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前週末 比149.82ポイント(0.8%)安の19610.48。5月31日には1年2カ月ぶ りの大幅安で終了していた。

自動車メーカーのマルチ・スズキ・インディアは2.3%安。5月の 販売が前年同月比で14%減少した。時価総額でインド最大の製薬会社、 サン・ファーマシューティカル・インダストリーズは2.5%安。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが発表 した5月のインド製造業購買担当者指数(PMI)は50.1と、2009年3 月以来で最低だった。50は活動拡大と縮小の分かれ目。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比38.26ポイント(0.8%)安の4888.31。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比11.48ポイント(0.6%)安 の1989.57。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比53.78ポイント(0.7%)安の8201.02。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE