コンテンツにスキップする

インド株(終了):1カ月ぶり安値、製造業の指標が悪化

3日のインド株式相場は下落。指標 のセンセックス30種指数は1カ月ぶり安値で引けた。5月の製造業の指 標が50カ月ぶりの弱さとなったことが嫌気された。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前週末 比149.82ポイント(0.8%)安の19610.48。5月31日には1年2カ月ぶ りの大幅安で終了していた。

自動車メーカーのマルチ・スズキ・インディアは2.3%安。5月の 販売が前年同月比で14%減少した。時価総額でインド最大の製薬会社、 サン・ファーマシューティカル・インダストリーズは2.5%安。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが発表 した5月のインド製造業購買担当者指数(PMI)は50.1と、2009年3 月以来で最低だった。50は活動拡大と縮小の分かれ目。

原題:Indian Stocks Drop to One-Month Low as May Factory Output Falls(抜粋)

--取材協力:Rajhkumar K Shaaw.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE