コンテンツにスキップする

カナダ:1-3月成長率2.5%、石油輸出増で11年以来の高い伸び

カナダの1-3月の経済成長率は米 国への石油輸出に支えられて2011年以来の高水準となった。ただ、国内 最終需要は09年のリセッション(景気後退)以来で最も低い伸びにとど まった。

カナダ統計局が発表した国内総生産(GDP)は年率換算2.5%増 と、6四半期ぶりの高い伸びとなった。ブルームバーグがまとめたエコ ノミスト24人の予想中央値は2.3%増だった。昨年10-12月期は0.9%増 に改定された。

カナダの石油製造業者は、パイプラインの能力向上とメンテナンス のための昨年の一時休業の反動から対米輸出を増やしている。トロン ト・ドミニオン銀行のデービッド・トルク氏は、成長率が上向いたこと で同国中銀は国内支出への影響を懸念せずに引き締めバイアスを維持す る余地が一段と広がったと指摘した。

国内最終需要は1-3月期に年率0.6%増と09年1-3月以来の低 い伸びにとどまった。住宅市場の鈍化と記録的な債務を抱える家計が支 出の伸びを抑制したことが影響したと統計局は指摘した。

原題:Canada’s Economy Expands at Fastest Pace Since 2011 on Oil (3)(抜粋)

--取材協力:Ilan Kolet.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE